To top
Resources Resources

MATLAB Compiler スタンドアローンアプリケーションを、CodeMeterで保護およびライセンシングする方法

Share:

開催日:11月10日(水)16時~

MATLAB Compiler や Simulink Compiler を使用して作成されたスタンドアローンアプリケーションは、MATLABライセンスを必要とせず、複製もできるため、大勢の人に配布するには有用です。

しかし、意図しない第三者への流出リスクもあります。CodeMeterにより、スタンドアローンアプリケーションにライセンシングを適用すると、意図したライセンス要件(使用本数、機能、期間、等)でスタンドアローンアプリケーションを管理しつつ、エンドユーザに提供できるようになります。これによりソフトウェア販売/課金ビジネスを構築することも可能となります。

このウェビナーでは、MATLAB Compiler で提供されている魔法陣関数のスタンドアローンアプリケーションにCodeMeterを用いてライセンシングを適用する手順についてデモを交えて説明します。

MATLAB Compiler スタンドアローンアプリケーションを、CodeMeterで保護およびライセンシングする方法

録画版を視聴する 登録

このウェビナーでは、CodeMeterの概要とライセンシングの仕組みについて解説した後に、MATALB Compilerのスタンドアローンアプリケーションとの統合について、デモを交えながらご紹介します。

このソリューションを導入することで、新たな収益化の機会を増やすきっかけになる事を期待しています。

  • CodeMeter の概要
  • ライセンシングの仕組み
  • MATLAB Compilerのスタンドアローンアプリケーションとの統合
  • デモ
  • Q&A

録画版を視聴

※ 【Go to Webinar】のページに遷移します。