To top
Solutions Solutions
3Dプリントモデルの保護

知的財産の保護と収益化の適用:アディティブマニュファクチャリング

Share:

迅速にプロトタイプを制作する目的から始まったAM(アディティブマニュファクチャリング)技術は、部品やカスタマイズ製品、さらには小ロット製品を製造するための有効な産業テクノロジーとなっています。複雑で長大なサプライチェーンの排除、製造プロセス全体の二酸化炭素排出量の削減、難しくコストのかかる金型やエンジニアリングを必要としないオンデマンド製造が可能となりました。AM技術により、市場投入までの時間を大幅に短縮する革新的なビジネスモデルが登場しました。

AM技術の実践

アイデアが実際に触れることのできる完成品になる過程で、MA技術のプロセスには多くの人々や企業が関わっています。そのプロセスは、製作者の知的財産(以下IP)そのもの、もしくはIPを含むデジタルオブジェクトの設計から始まります。多くの場合、そのオブジェクトは、各プロセスにおける別の取引関係者(例:インテグレーター、ベンダー)によって組み立てられた完成品の一部分に過ぎません。また実際の3Dプリントは、コスト削減のため、現地のサービスプロバイダーが担当することになります。このプロセスの各段階において、IPは盗難や違法コピーから保護する一方、正規の取引関係者が使用、加工、および再加工できるようにする必要があります。

CodeMeterが担う前処理およびプリントライセンス

Wibu-SystemsのCodeMeterテクノロジーは、高度な暗号化処理でデジタルIPの暗号化および保護されたIPのライセンス作成を行い、いつでもどこでも安全かつセキュアに既存のプロセスチェーンと容易に統合できるようにします。

このシステムは、登録されたソフトウェアベンダーがスペア部品などを購入できるマーケットプレイスやオンラインショップを中心に構築されています。これらは、既存のeコマースシステムとシームレスに統合することができ、購入と注文のプロセスを可能な限り完全に自動化することができます。購入者は、コストが高く無駄の多い物流によって運ばれる物理的な製品の代わりに、暗号化されたファイル形式でオブジェクトの設計を受け取ることができるようになりました。

保護されたファイルには、3Dプリントプロセスの準備の行う特別な前処理ライセンスが付属しています。互いに異なるプリントライセンスにより、クライアントが購入したデザインから作成できる物理的なコピーの数が決定します。このプロセスは以下の図の通りです。

保護と収益化機能を備えたアディティブマニュファクチャリングのプロセスチェーン

CodeMeterは、プロセスチェーンの重要なリンクとして、関係するすべてのコンポーネントの保護とライセンス管理を担っています。3Dデザインと印刷のためのCodeMeterの暗号化テクノロジーは、多くのターゲットプラットフォームと開発者言語用のライブラリの形で提供されており、前処理と3Dプリントを行うソフトウェアメーカーは、容易に3DプリントにIP保護を組み込むことができます。処理に必要な暗号鍵は、動作条件や希望する保護レベルに応じて、CmDongle、ソフトウェアコンテナ(CmActLicense)、またはCmCloudに保存することが可能です。

CodeMeter License Centralでは、前処理ライセンスとプリントライセンスの準備と配布を簡単に行うことができ、既存のeコマースやCRMに簡単に統合できるWebサービスインターフェイスも利用できます。ライセンスは、シンプルなオンラインアクティベーションで配布されることが理想ですが、オンラインに直接接続されていないターゲットシステムや3Dプリンターであっても、ファイル転送ソリューションを利用することができます。

暗号化された3Dプリントファイルは、ワークステーションで前処理ライセンスが利用可能な場合にのみアクセスでき、プリンターはプリントライセンスの許可がある限り、アイテムのコピーを作成することができます。その作業を保証するために、プリントライセンスには必要な暗号鍵だけでなく、実際に印刷されたアイテム数を記録するための改ざん防止ユニットカウンターも含まれています。

関連情報

CodeMeter製品は、WIBU-SYSTEMS株式会社から直接購入可能です。
目的や使用環境についての質問にご回答頂けると、より貴社のご要望に沿ったご案内が可能です。

お問合せ