To top
Resources Resources
IP protection

ライセンス不要でソフトウェアのIPを保護

トライアルおよびデモソフトウェアの保護したり、アプリ内購入で拡張・強化・レベルアップできるように設計されたフリーソフトウェアでフリーミアムモデルを実現するための理想的なソリューションを、Wibu-Systemsは紹介します。CodeMeter RuntimeとCodeMeter Embeddedの両方で、CodeMeter Protection Suiteを使用するとIP Protectionが使いやすくなります。

CodeMeter Protection Suiteの最新機能であるIP Protectionにより、ソフトウェア保護とライセンス管理の適切な組み合わせをこれまでになく容易に見つけることができます。IP Protectionは現在、Windows、Linux、macOS、Android、およびx86とARMプロセッサをサポートしています。新しいモードは、実行可能ファイルとライブラリ(Dynamic Link Libraries、Shared Objects、およびDylib)に使用できます。

1つのスイート–複数のツール

CodeMeter Protection Suiteはツール全体をサポートします。AxProtectorは、実行可能ファイル全体の暗号化に使用し、その後ファイルは添付されたAxEngineで復号されます。これはメモリ内で発生するため、復号されたバージョンのファイルがドライブに表示されることはなく、リバースエンジニアリングは不可能になります。IxProtectorは、実行可能ファイル内の機能を個別に保護するために使用できます。これらの機能は、コンピューターのメモリに読み込まれた後も暗号化されたままです。これらは呼び出された時に自動的に、または特別なAPIの呼び出しに応答して復号されます。これにより、ハードドライブのリバースエンジニアリングだけでなくソフトウェアも保護されます。攻撃者がメモリダンプを使用する場合でも、警戒を続けます。AxProtectorとIxProtectorは、通常のCodeMeterタイプのライセンスと新しいIP Protectionモードの両方で機能します。AxProtector、IxProtector、CodeMeterライセンス、およびIP Protectionモードは、ランダムに混在させて照合することもできます。AxProtector .NETのIP Protectionモードは、CodeMeter Protection Suite 10.50でも利用できます。

ランタイムコンポーネントは不要

IP Protectionモードで保護されたアプリケーションは、CodeMeterのランタイムコンポーネントを必要としません。つまり、CodeMeter RuntimeCodeMeter Embeddedも必要ありません。また、ユーザーがライセンスを準備する必要もありません。復号キーはアプリケーション自体に隠されており、メモリダンプによって抽出されないようになっています。このように、IP Protectionモードは、組み込みデバイスのファームウェアからオフィスソフトウェア、またはサーバーやクラウドで実行されているアプリケーションに至るまで、さまざまな場面で使用できます。

CodeMeter Protection Suite IP Protectionは、リバースエンジニアリングを防止しますが、ユーザーがアプリケーションをコピーすることを完全には阻止しません。これは、無料の試用版またはフリーミアムモデルの特定のユースケースに関する機能であり、バグではありません。ライセンス不要で暗号化が機能するため、アプリケーションは実質的に自己完結型であり、このタイプの保護は非常にユーザーフレンドリーな選択になります。

3Dプリンティングにおけるフリーミアムアプリケーション

典型的な例は、3Dプリンティングデータ用ソフトウェアです。アプリケーションはフル機能セットで提供されますが、最大サイズ20mmの製品の作成に人為的に制限されています。ユーザーはソフトウェアをダウンロードし、その機能をテストしたり、自由にコピーさらにミニチュア製品を印刷することもできます。ただし、アプリケーション全体が完全に暗号化されているため、ソフトウェアの可能性を最大限に活用するために制限を解除することはできません。支払い(従来の方法にまたはアプリ内購入によるもの)は、完全な無制限の機能を取得するためのゲートキーパーです。これは、CodeMeter RuntimeまたはCodeMeter Embeddedが使用できる可能性がある場面です。ユーザーには適切なライセンスが付与され、ハードウェアドングルのCmDongle、コンピューターにバインドされたソフトライセンスであるCmActLicense、またはユーザーにバインドされたCmCloudContainerに保存されます。CmContainerのライセンスは、人為的なサイズ制限や、製品の保存、印刷、エクスポートなどの機能(または、完全な使用に関するあらゆる制限)であっても、フリーソフトウェアの制限を無効にします。これは、ソフトウェア開発者がCodeMeterのライセンスシステムの特定の機能を使用できるようにするCodeMeter Core APIを使用して行われます。単純なライセンスチェックだけでなく、時間またはボリュームバインドライセンスやネットワークライセンスの割り当てなどの特殊なオプションも使用できます。開発者は、APIを介してライセンスの転送をCmContainerに統合することもできます。例えば、オンラインストアからの購入時またはアプリ内購入時にCodeMeter License Centralからライセンスを自動的に取得できます。

既存のライセンスソリューションとの組み合わせ

確立されたライセンスシステムをCodeMeterの信頼性の高いIP保護機能と組み合わせるなど、他のユースケースもあります。自社開発のライセンス設定がすでに整っているソフトウェア開発者を想像してみてください。ただし、開発者の仕事であるバイナリは暗号化されていない状態でユーザーに販売されるため、操作やリバースエンジニアリングされやすくなります。暗号化と署名のチェックを見送るこの種のソリューションでは、ライセンスチェックを「パッチで回避」することが比較的容易です。つまり、チェック全体をスキップするか、標準値で作業を継続するようにコードを操作するのです。これは、ライセンシングシステムの全ポイントを回避することになります。CodeMeter Protection Suite IP Protectionは、当然ながら他の純粋なソフトウェアベースの商用保護システムとも連動しており、違反やリバースエンジニアリングの試みに対するハードルを大幅に引き上げることができます。これは、CodeMeterのフルセットアップに移行する開発者が、しばらくの間、古いライセンシングシステムをそのまま使いたい場合に好んで使用する選択肢です。

継続的な開発と改善

CodeMeterをご存知の方は、Prtection Only Licenseもご存知かと思います。これは、CodeMeter Protection Suite IP Protectionと同様に機能しますが、常に管理者権限でインストールされたCodeMeter Runtimeを必要とします。特に体験版やフリーミアムモデルでは、B2B環境ではユーザーにとってハードルが高くなりがちでした。

CodeMeter Embeddedでは、CodeMeter Core APIとCodeMeter Protection Suiteの組み合わせで、バージョンの競合が発生する可能性があります。IP Protectionモードでは、このようなコンフリクトを最初から回避することができます。ライセンスがCmDongleに保存されているようなセキュリティの高いユースケースでも、CodeMeter Core APIとCodeMeter Protection Suiteを組み合わせて、ライセンスバウンド暗号化で使用することが可能です。

CodeMeter Protection Suite IP Protectionは、ソフトウェアを保護し新しいビジネスモデルを導入することを、ソフトウェア開発者とそのユーザーの両方にとってシンプルで楽しい経験にします。それは最初からPCと組み込みプラットフォームで動作するように設計されており、CodeMeter Core APIの機能と開発者のニーズに合わせて拡張できます。多くのユーザーの期待に応え、すべてのCodeMeterモジュールは互いに完全に互換性があり、最適で多様なソフトウェア保護ライセンスを提供します。

KEYnote 38 – Edition Fall 2019