To top
Products Products

CodeMeter TMR Server

Share:

ライセンスの目的は、ISVのデジタル知的財産を保護することです。ソフトウェアの使用を困難にしたり、最悪の場合、ライセンスサーバーがクラッシュした時にその使用を完全に停止することを目的としていません。自動車産業のように、ライセンスにアクセスできないために重要な生産ラインが停止することを余儀なくされる可能性がある分野では、エンドユーザーは冗長性(リダンダンシー)を要求し期待しています。

CodeMeter TMR Serverはそれらのための解決策です。TMRはTriple Mode Redundancyの略です。簡単に言えば、2-out-of-3ライセンスの概念と、耐久性と信頼性の高いデータセンターテクノロジの組み合わせを意味します。3つのライセンスサーバーのグループが1つの共同システムとして動作し、3つのサーバーのうち2つが利用可能である限り、システム全体が稼働し続けます。

ライセンス構造

各ライセンスは3回作成され、特別なフラグTMR-Idが付与されています。TMR-Idはプロダクトアイテムオプション『ライセンス数量』のプロパティです。それは、3つのライセンスが常に識別されるように、TMR-Idはそれぞれの新しいTMRライセンスと共に連続番号として割り当てられます。構成TMRライセンスと認識されるには、ファームコード、プロダクトコード、およびTMR-Idが3つのライセンスで同一である必要があります。同様に、プロダクトアイテムの他のすべてのプロパティは3つのライセンスすべてで同じです。

ツインのCmContainer

3つの構成ライセンスは、同じCmActIdを持つ3つの別々のCmContainerに配置されます。TMRシステムはそれらをマージして、1つの仮想CmContainerを形成します。実際の3つのCmContainerはバックグラウンドで残ります。

バーチャルCmContainerは、そのマスクバイトによって他のCmContainerと区別できます。

CmContainer Mask Byte
CmDongle 1-, 2-, 3-
CmActLicense 128-, 129-
CmActLicense Universal Firm Code 130-
Virtual CmContainer TMR Server 131-
CmCloudContainer 140-

2-out-of-3のコンセプト

TMRライセンスが有効で利用可能であるためには、その構成ライセンスのうちの2つ以上が利用可能でなければなりません。3つのうち1つしかない場合、TMRライセンスはバーチャルCmContainerに表示されません。

TMRの構成ライセンスの1つとCmContainerを1つしか持たない潜在的な悪意ある攻撃者は、TMRライセンス全体を使用することはできません。TMRシステムで正しく動作しない限り、CodeMeterサーバーはTMR-Idを持つシングルライセンスの使用を拒否します。

システム構成

完全なTMRシステムは、通常仮想マシンとして提供される5つのサーバーで構成されています。ツインTMRサーバーは、仮想IPアドレスで到達できるクライアントとのダウンストリームインターフェイスとして機能します。そのダウンストリームサーバーは、システムの反対側にある3つのアップストリームCodeMeterサーバーを保持しているCmContainerをミラーリングすることによって、仮想CmContainerとそのTMRライセンスを動的に生成します。

TMRサーバーは現在Linuxサービスとして利用可能です。ツインTMRサーバーの上流では、CodeMeterサーバーはLinuxまたはWindowsで運用できます。これらのサーバーを正しく設定すると、CodeMeterのライセンスはダウンストリームのTMRサーバーでのみ利用可能になります。クライアントから直接アクセスすることはできません。

TMRサーバーの切り替え

企業ネットワークでは、すべてのクエリをアクティブなTMRサーバーに送信する単一の仮想IPアドレスを介してTMRシステムにアクセスできます。 パッシブサーバーへの切り替えは、実証済みのデータセンターテクノロジによって処理されます。アクティブサーバーがダウンした場合、パッシブツインはインフラストラクチャに、仮想IPアドレスに送信されるすべてのパケットの受信者になることを通知します。アクティブなTMRサーバーの役割にシームレスに切り替わります。

ライセンス

TMRパッケージの最初のバージョンは、2018年11月からWibu-Systemsからライセンスを受けることができます。請求は、インストールされた各TMRシステムのサブスクリプションによって処理されます。

比較表

機能 Network License Server TMR Server CmCloud Server
Unlimited licenses
ライセンス作成数の制限なし
Time-limited licenses
時間制限付きライセンス
Emergency licenses
※ PIO『使用期間』を利用
-
ライセンス借用 - -
ライセンストラッキング
ライセンスアクセスリスト
Use-based licenses
※ PIO『ユニットカウンター』を利用
CodeMeter License Centralでのアクティベーション

CodeMeter製品は、WIBU-SYSTEMS株式会社から直接購入可能です。
いくつかの質問にご回答頂くと、弊社営業から必要な情報をお送りします。

お問合せ