To top
Products Products

デモバージョン(登録ページ付)

Share:

CodeMeterCodeMeter License Central、およびCodeMeter Protection Suiteでは、ソフトウェアのデモバージョンを配布し販売およびマーケティングチームの手間をかけることなくリードを生み出すことができます。これを設定するには、3つのステップがあります。

  1. CodeMeterを使用して、ソフトウェアの保護バージョンを作成します。この場合、デモバージョンとフルバージョンとの間に実質的な違いはありません。単一のバージョンのみを扱い、ユーザーにライセンスを発行する方法に応じて、ライセンスはデモまたはフルバージョンとして作動します。CodeMeter Protection Suiteを使用すると、コード自体を変更することなく、わずか数分でソフトウェアをCodeMeterで保護されたバージョンに変換することができます。
  2. 登録用のモジュールを使用してCodeMeter License Centralをセットアップします。登録用モジュールは、PHPで記述されたCodeMeter License Centralの拡張機能であり、単純な電子メールアドレスから完全なデータセットまで、顧客について収集する必要があるデータをカスタマイズすることができます。
  3. 最後に、CodeMeter License Centralで製品をデモバージョンとして定義します。

このプロセスが完了すると、ユーザーはWebサイトからソフトウェアをダウンロードすることができるようになります。ソフトウェアが適切なライセンスを検出しない場合は、ユーザーを登録ページへ移動させます。これは、ソフトウェアに直接統合されたWebページまたはモジュールのどちらかとなります。エントリーの有効性を確認した後、登録用モジュールは自動的にCodeMeter License Central内でデモ製品のライセンスを作成します。これは、ユーザーからは見ることはできません。 ライセンスはバックグラウンドで自動的にアクティベーションされ、ソフトウェアはデモモードで起動します。ユーザーは基本的に、1回の登録でライセンスをアクティベーションします。

Screenshot CodeMeter Demo Version with Registration

登録データは、CodeMeter License Centralからいつでも自動的にトリガーされ、CRMまたはERPシステムで処理されます。

CodeMeterの技術に興味がありますか?
いくつかの質問にご回答頂くと、弊社営業から必要な情報をお送りします。

お問合せ