To top
Products Products

Network License Server

Share:

ソフトウェアベンダー(ISV)は、エンドユーザーのネットワークサーバー上で使用可能なネットワークライセンス(別名:フローティングライセンス、コンカレントライセンス)を作成することができます。ネットワーク上で使用するための設定は、CodeMeter Runtimeの通常のコンポーネント(WebAcmin)にて、使いやすいように設計されています。例えば、緊急時に使用するための追加のライセンスを使用して、エンドユーザーが2台目のネットワークライセンスサーバーをコールドまたはホットスタンバイモードで実行できるかどうかを選択できます。

CodeMeter Network License Server(ライセンスサーバーの管理機能)は、LAN内、WAN内、またはクラウド内で運用できます。 通常、ライセンスサーバーはユーザーによって直接構築されますが、ソフトウェアベンダー(ISV)が自ら構築することも可能です。

ネットワークライセンスサーバーの選択と並んで、TMR(トリプルモードリダンダンシー)サーバーの新しいオプションは、高可用性シナリオのニーズに完全に合わせたバージョンを提供します。

簡単な設定

ネットワークライセンスサーバーを構築することは、非常に簡単です。必要な機能は、すでにCodeMeter Runtimeに含まれており、CmDongleCmActLicense、またはその両方を使用できます。ライセンスはネットワークライセンスサーバーでホストされ、CmActLicenseを使用する場合は、ライセンスが保存されているのと同じサーバーにバインドされます。同一ネットワーク内であれば、エンドユーザーは、クライアントPCにCodeMeter Runtime をインストールするだけでソフトウェアを起動できます。

ネットワーククライアントから直接ネットワークライセンスサーバーに照会し、選択したブラウザを使用して、いつでもライセンスのステータスを確認できます。

アクセス権管理

CodeMeter Network License Server(ライセンスサーバーの管理機能)は、ユーザーのアクセス権の設定と管理をサポートしています。エンドユーザーのライセンス管理者は、ライセンスを従業員、Active Directoryグループ、またはコンピュータに割り当てることができます。コンピュータへの割り当ては、指定したコンピュータ名、IPアドレス、またはIPアドレス範囲に基づいて行うことができます。

ライセンスは、特定の従業員、コンピュータ、またはチームに対して、専有の設定をすることもできます。しきい値を設定することで、従業員、コンピュータ、またはグループで使用できるライセンス数を決定できます。

ライセンスのモニタリング

CodeMeterは、ライセンスの使用状況をCodeMeter Network License Serverにログとして記録します。生成されたログは、エンドユーザーがライセンスの使用状況を分析するために利用できます。このため、未使用のライセンスとライセンスのボトルネックの両方を識別できます。この分析は、ライセンスのアップグレードや保守契約の更新、あるいはコストセンターへのライセンスの割り当ての際に基本情報として役立ちます。

ライセンス借入

ソフトウェア開発会社(ISV)は、一時的にオフラインでライセンスを使用するための『借用(Borrowing)』の可否や、またその方法を指定することができます。このオプションを許可すると、ネットワーク ライセンス サーバーからローカル PC または CmDongle へのライセンスの借用に制限時間を定義することができます。借用期間中、ライセンスはネットワーク ライセンス サーバー上で「使用中」のフラグが立てられます。借用期間が終了すると、ライセンスはネットワーク ライセンス サーバーで再び使用可能になり、ローカル PC または CmDongle では有効期限が切れます。エンドユーザーは、有効期限前にライセンスを返却するか、借用期間を更新することができます。
使用例:展示会や訪問先、屋外の現場などのオフライン(ネットワーク外)の環境で、当該のソフトウェアを使用したい時

関連情報

CodeMeter製品は、WIBU-SYSTEMS株式会社から直接購入可能です。
いくつかの質問にご回答頂くと、弊社営業から必要な情報をお送りします。

お問合せ