To top
Resources Resources

IEC62443対策:IoTデバイスや組込システムに対する、ソフトウェアロジック保護と実行権限制御

Share:

テクノロジーは飛躍的に進化し、組み込みデバイスはより強力で、より安価に、そして何よりもより汎用性の高いものになりました。最近のデバイスは、高度に専門化されたアセンブラーコーディングの専門家を必要とせず、カスタムハードウェアの代わりに、JavaまたはCでプログラムされた標準コンポーネントを使用する傾向があります。これにより、イノベーションへの道が開かれましたが、組込み制御システムに対する保護、セキュリティの基準も上がっています。最近ではIoTや組込みデバイスの制御ソフトウェアへの侵入やのっとりに対するリスクが懸念されています。

このウェビナーでは、制御システム向けセキュリティ標準であるIEC62443の要件を実現する上で、WIBU-SYSTEMSのCodeMeterが提供するソフトウェア保護と実行権限制御の仕組みについて事例を交えて紹介いたします。

録画版ウェビナーの視聴
日本語 録画版を視聴する

約40分の無料ウェビナーでは、以下のご紹介をします。

  • CodeMeterの概要
  • IEC62443の概要とCodeMeter
  • 事例紹介
  • Q&A

    ※セミナー内容等に関して予告なく変更する場合がございます。

    ■ウェビナーのお申込み方法

    1.ご希望の日程の右にある「登録」を押してください。ウェビナーで使用する「Go to webinar」というシステムに遷移します。
    2.登録画面に入力をして下さい。※ 「組織」には会社名をご入力ください。
    3.入力後に「登録する」を押してください。※プライバシーポリシーのご承諾にチェックをして頂くと、「登録する」が表示されます。
    4.WIBU-SYSTEMS AGのDaniela Previtaliより、ウェビナーの参加方法についてのご案内メールが届きます。