To top
Resources Resources

仮想環境のアプリケーションとライセンス

Share:

仮想環境は、今日のITインフラストラクチャで不可欠になっています。それらの成功の理由は、市場の技術的ソリューションと同じようにさまざまです。例えば、仮想化は、特別に定義された環境でテストを簡単かつ迅速に、そして繰り返し実行することができるため、品質保証の新しい標準となりました。クラウドで仮想マシンを使用することにより、コンピューティング能力を簡単かつ安価にスケールアップすることが可能です。特にすでにインストールされているソフトウェアの場合、複雑なシステム要件を持つソフトウェアは、必要な基本セットアップとともに、Dockerコンテナで便利に提供することができます。

技術的な観点から、仮想化ソリューションには、開発者のコンピューターで実行される完全な仮想マシン、または独自のデータセンターで実行される仮想マシンが含まれています。Dockerコンテナは、各仮想マシンに完全なオペレーティングシステムを提供する必要のない追加の軽量ソリューションです。最終的に、仮想マシンはクラウドで実行することができ、Microsoft AzureやAmazon Web Service(AWS)などのプロバイダーによって、柔軟かつコスト効率よく提供されます。

仮想化は、ソフトウェアを保護およびライセンスを付与する際に考慮すべき新しい脅威も生み出します。複数の仮想コンテナが同じハードウェアを共有する場合があります。以前の状態に戻す機能のような仮想環境の特別なプロパティも、かつてのセキュリティ問題を悪化させる可能性があります。

録画版ウェビナーの視聴
日本語 録画版を視聴する

このウェビナーでは、CodeMeterがこれらの脅威どのように対処するか、自由に使用可能なオプション、および適用する必要のある特定の方法について説明します。

  • 仮想環境をどこで使用しますか?
    • ローカルコンピューター上の仮想マシン
    • サーバー上の仮想マシン
    • クラウド内の仮想マシン(Azure、AWS、…)
    • Dockerコンテナ
    • 仮想マシンのDockerコンテナ
  • ソフトウェア保護とライセンシングの脅威シナリオ
    • 一般的な脅威
    • 仮想化に関連する特定の脅威
  • 一目でわかるCodeMeterポートフォリオ
  • 仮想環境でのCodeMeter
    • AzureでのCmActLicense
    • AWSでのCmActLicense
    • 仮想マシンでのCmActLicense
    • 仮想マシン用のネットワークサーバー
    • DockerコンテナでのIP保護
    • Dockerコンテナ用のネットワークサーバー
    • 仮想環境でのCmDongle
    • 仮想環境でのCmCloudContainer