To top
Company Company

インテリジェントデバイスと機械学習への保護とライセンシング よりスマートに安全に実現

Share:

ウイブシステムズは、Pythonアプリケーションの保護に、よりスリムで安全性の高い方法を導入しています。

保護、ライセンシング、セキュリティ技術の世界的リーダーであるWibu-Systems(以下、ウイブシステムズ)は、ネイティブ形式のPythonコードを保護するために、CodeMeter(コードメーター)エコシステムのすべての容易さと多様性を備えたサポートを追加しました。Pythonプログラミング言語は、シンプルさとコードの明快さと優雅さにより、特に人工知能と機械学習の分野で人気が復活しています。

しかし、Pythonへの新たな関心により、Pythonは悪意のある攻撃者にとって魅力的な獲物になっています。Pythonコードでは、Cythonなどのツールによってネイティブ形式でプリコンパイルされている場合でも、ハッカーがこの貴重なIPにアクセスしやすくなり、プレーンテキスト形式では完全に保護されていないか、リバースエンジニアリングが簡単になります。開発者はコードを暗号化して保護する手段を必要としていましたが、これはプリコンパイルの追加手順を実行して、お気に入りの保護システムで処理できるネイティブアプリケーションを取得することを、長い間意味していました。

これまで、これはウイブシステムズのCodeMeterテクノロジーの長年のユーザーにとっても唯一の選択肢でしたが、ウイブシステムズはコードを保護する革新的な方法でPythonへの新たな関心に応えてきました。 CodeMeterの新しいPython保護機能により、開発者は作業をネイティブ形式で暗号化し、積極的に必要になるまで安全に暗号化して、デバイスの作業メモリからコードを抽出するというハッカーにとって非常に一般的な抜け穴の1つを閉じることができます。完全な互換性に対するCodeMeterの常日頃の取り組みにより、新しいPython暗号化テクノロジーには、ライセンスモデルの多様な配列や快適な自動化機能から、スマートなモジュラー保護を追加する機能まで、標準的で堅牢なCodeMeter機能が含まれています。個々のコードは個別に暗号化してライセンスを取得できるため、開発者は、人気が増加しているオンデマンド機能ライセンスやサブスクリプションライセンスなど、運用コンセプトやビジネスモデルをさらに自由に選択できます。

Pythonは長い間、ソフトウェア開発者コミュニティが選択する通常の言語であるCとJavaの隅に追いやられてきました。しかし、最近では、開発者にとって確固たる人気言語として復活し、他の無数の新しい、おそらくよりスマートな言語を打ち負かすだけでなく、人気のあるプログラミング言語のTIOBEインデックスなど、人気調査で2つの古いライバルを追い抜いています。Pythonが2021年に4回目の最も人気のある言語に選ばれたことは、この復活が人工知能と機械学習という2つの非常に明白な要因によるものです。

スマートデバイスはデジタル時代にユビキタスになり、AIは長い間のサイエンスフィクションのおとぎ話や脅威から、我々全員がほぼ気付くことの無い日常の仲間になりました。これは、家庭で使用される多くの標準的なスマートフォンやデジタルアシスタントに現在含まれている画像や音声の認識機能など、一見単純なタスクから、統計、パターン認識、予測機能の基盤となるより真にスマートなテクノロジーや、または天気予報、アルゴリズム取引、および医療診断といった複雑な操作に関連する連想的学習まで多岐にわたります。これらのアプリケーションの多くに共通しているのは、Pythonライブラリによって処理されることです。

ウイブシステムズのセールス 兼 セキュリティエキスパートであるリュディガー・キューゲラーは、CodeMeterによるPythonのサポートに重要なメッセージを見出しています。 「ワールドワイドウェブ(WWW)の32周年を祝い、それが今日のすべてのテクノロジーの主要な基盤のバックボーンになるにつれ、高度に多様化したユーザーベース全体への保護方法の広範囲な適用を促進する無駄のない安全なプロセスをサポートすることは、我々の責務です。セキュリティの無いテクノロジーに支えられた生活は存在しないように、シンプルさのないユビキタスなセキュリティの実装はありません。」