To top
Resources Resources
Virtual Systems – Undermining Licensing

仮想システムはライセンスを弱体化するのか?

仮想システムが人気です。最近では、可能な限りサービスとソリューションが仮想化されています。その利点は明らかです。サービスは、ハードウェアからハードウェアへと簡単に移行でき、必要に応じて拡張が可能です。かつてサーバーの入れ替えは大仕事でした。しかし現在では、サービスまたは仮想マシン全体を瞬時に移動できます。再起動時のハラハラドキドキはもうありません。古いサーバーを再び起動しますか?この今の現状は、管理者にとって良いことです。

管理者はデータセンターとセキュリティメカニズムを信頼しています。ほとんどの場合、インストールされたソフトウェアは希望通り、計画通りに実行されます。ただし、ソフトウェアベンダーの観点から同じ状況を検討してみてください。ソフトウェアが仮想マシンにインストールされたとき、誰が制御するのでしょうか?仮想化では制御を失うのでしょうか?ソフトウェアをより多く実行させたい場合、ユーザーが仮想マシン全体をクローンすることを誰が止められるのでしょうか?

Wibu-Systemsは、これらの疑問に対する複数の回答・解決策を、ライセンスソリューションの形で提供しています。まず、データセンター環境ではあまり好まれない強力なハードウェアであるCmDongleが挙げられます。他にも、データセンター内の他のハードウェアからアクセスするために複数のUSBドングルに対応できるドングルサーバーを使用するなどのオプションもあります。また、CmDongleは、特定のハードウェアコンポーネントがシステムに必要な場合など、単一の物理サーバーを操作するのに適したオプションかもしれません。どのような場合でも、CodeMeterライセンスサーバーはリソース効率に優れているため、事実上どのようなシステムでも気づかれずに動作させることができます。

現在最も一般的な選択肢は、ソフトウェアベースのライセンスであるCmActLicenseで、特別な暗号化操作を使用して、ターゲットシステムの特定のプロパティにバインドします。CodeMeterは、仮想システムで実行されているときはいつでも自動で認識し、そのような場合にはバインディングパラメーターの特別な組み合わせを使用します。一部の構成では、CmActLicenseを、Azure環境でホストされているシステムなど、プロバイダーによって保証されている仮想化システムの一連のプロパティにバインドできます。同様のオプションは、他の仮想環境でも機能します。

Dockerのようなコンテナ環境は、ライセンス目的では特別な挑戦となります。これらの環境は十分に隔離され、スケールアップのために最適化されていますが、そのようなコンテナ内で実行されているソフトウェアのライセンスを取得する方法があります。このような場合、ライセンシングは、最終的なリリースについて考えるよりもずっと前に考慮する必要があります。個々のコンテナにどのようにサービスを割り当てるかを決定する際には、ライセンシングも視野に入れる必要があります。前号のKEYnote(38)では、このアプローチに関するいくつかのシナリオを検討しました。

最新のオプションはCmCloudLicenseの使用です。 Wibu-Systemsは、ドイツのフランクフルトを拠点とするデータセンターで排他的にCodeMeter Cloudを運用しており、Wibu Operating Servicesのスペシャリストがライセンスの恒久的な可用性を確保するために取り組んでいます。ユーザーのシステムにインストールされているCodeMeterは、CodeMeter Cloudとリンクできるため、ソフトウェアベンダーとそのユーザーは、仮想化のすべての機能を自由に利用できます。ライセンスシステムが適切に機能していれば安全です。

仮想化によってもたらされる課題には、さまざまなソリューションがあります。必要なのは、自分に合ったものを選ぶことです。

KEYnote 39 – Edition Spring 2020