To top
Resources Resources
CodeMeter Sart Bind

CodeMeter SmartBind と Microsoft Azure

仮想環境では、対象のマシンにアクティベーションが必要なライセンスを安全にバインドすることが困難になります。通常、ターゲットシステムのフィンガープリンティングとして使用されるプロパティは、仮想マシンでは一般的であり、これらのプロパティの変更(データセンターで頻繁に発生する)は、ライセンスを壊す可能性があります。Wibu-Systemsは、Microsoft Azureで実行されている仮想システムに対して改善するために、Microsoftと協力しました。

CmActLicenseは、署名および暗号化されたライセンスファイルを使用に個別のハードウェアを必要としないアクティベーション型のライセンスです。独自の暗号化技術により、ライセンスファイルにユーザーのコンピューター自体に対称キーと非対称キーを保持させることができ、CodeMeterでの暗号化に使われます。

CodeMeter SmartBindは、CmActLicenseをターゲットデバイスにバインドするWibu-Systemsの特許ソリューションです。CodeMeter SmartBindは、ハードドライブ、マザーボード、CPUなどの独自の重み付けを持つさまざまな特性とプロパティを参照して、ユーザーのコンピューターのフィンガープリントを作成します。同様に特許を取得した特殊な許容メカニズムにより、ユーザーがコンピューターのハードウェアの部品を交換した場合でも、CmActLicenseとそれに保管されているキーが有効なままになります。フィンガープリントは、ユーザーが希望する環境とOSに合わせて自動的に進化します。

ライセンスを仮想マシンにバインドするために、このようなユニークでコピー不可能なフィンガープリントを作成することは依然として困難です。結局のところ、シミュレーションされたハードウェアプロパティを試す自由と柔軟性は、仮想化の存在意義の一つだからです。Wibu-Systemsは、仮想環境でもCmActLicenseの強力なバインディングを可能にするために、CodeMeter SmartBindの内部動作を改良し続けています。

共有クライアントのプロジェクトでMicrosoftとチームを組むことで、新しく重要な洞察が得られました。Microsoft Azureデータセンターには、ウェブサービスを使用してAzure環境の特定のパラメーターにアクセスする機会があります。プロジェクトでは、クライアントのボリュームライセンスにカスタムバインディングが、Microsoft Azure自体のライセンスの詳細を読み取ることにより与えられました。これにより、Microsoft Azure環境で同じサブスクリプションの下で動作するクライアントソフトウェアのすべてのインストールに対して同じバインディングが機能します。

ライセンスを仮想マシンに直接かつ個別にバインドするために、Microsoft Azureで動作するWindowsシステムは、そこで提供される個別のIDを使用するようになりました。これにより、仮想マシンのプロパティが変更された場合でも、バインディングはそのまま残ります。システムは複製されたマシン(より正確には、新しいディスクイメージの仮想マシンへの統合)を認識し、ライセンスが破損します。

特別なMicrosoft Azure IDを使用したフィンガープリントの新しい技術は、CodeMeter Version 6.90以降で最初に作成されたWindowsシステム上のすべてのCmActLicenseに採用されています。CodeMeter 6.90の以前のバージョンで作成されたすべてのCmActLicenseは、確立された形式を引き続き使用します。新しいシステムの利点を活用するには、CmActLicenseを交換する必要があります。これを行うには、アクティベーションされたライセンスをCodeMeter License Centralに戻し、空のCmContainerを削除して、新しいライセンスをアクティベーションします。

CodeMeterの次のバージョンは、2019年12月のリリース時にMicrosoft AzureのLinuxシステムに新しいタイプのフィンガープリントをもたらすと期待されています。

このソリューションにより、CodeMeter SmartBindはこれまでよりも堅牢になり、Microsoft Azureでの誤用や不正操作から保護されます。

KEYnote 38 – Edition Fall 2019