To top
Products Products

CmDongle

Share:

最高レベルのセキュリティを実現するスマートカードチップ

ソフトウェア保護に関し、CmDongleは最高レベルのセキュリティを提供します。 全てのCmDongleの中核となるのはスマートカードチップで、暗号化キーとファームウェア用の安全なストレージ領域を備えたマイクロコントローラが含まれています。

ウイブシステムズは現在、Infineon Technologiesのスマートカードチップを使用しています。これらはEAL 5+の評価を受けており、DPA(Differential Power Analysis)などのサイドチャネル攻撃に対する保護を提供します。 したがって、鍵を読んでファームウェアをコピーすることは事実上不可能です。

CmDongle使用時、ソフトウェア発行者はAES(Advanced Encryption Standard)、RSA(Rivest-Shamir-Adleman)、ECC(Elliptic Curve Cryptography)などの対称または非対称アルゴリズムを使用してデータを個別に暗号化および復号し、データに署名または署名を検証できます。

大容量ライセンスストレージ

各CmDongleのライセンス用のメモリは328キロバイトです。そして、ドングルには異なるライセンスモデルの最大2,000ライセンスを格納することができます。 これらの各ライセンスは、同時使用可能なマルチユーザーライセンスの場合もあります。

全てはCmDongle上に

CmDongleはスマートカードチップの安全なメモリにすべてのライセンスを格納します。従って、ユーザーはCmDongleを必要なマシンに差し込むことで、あるコンピュータから別のコンピュータに簡単にライセンスを転送できます。 追加のライセンスファイルは不要です。

追加の大容量ストレージ(フラッシュメモリ)

CmDongleは、最大64 GBの大容量記憶装置(フラッシュメモリ)をオプションで利用できます。 このアーキテクチャにより、CmDongleを介してソフトウェアとデータを直接配信できます。 さらに、貴社のソフトウェアは、完全なモバイル体験のために、ドライバのインストール(ゼロフットプリント)なしで、CmDongle自体から実行することができます。 CmDongleは通常、工業用グレードのSLCメモリ(シングルレベルセル)を使用します。 このメモリはより頻繁に上書きすることができ、より速く、そしてより広い温度範囲で動作します。 より費用対効果の高いMLCメモリ(Multi-Level Cell)もリクエストに応じて利用可能です。

ソフトウェアベンダーは、以下から選択し記憶領域をさまざまな領域に分割できます。

  • Public: データの読み書き用の空き領域
  • Private: 保護領域、データの読み書きにパスワードが必要
  • Hidden: 秘密領域、APIとパスワードでのみアクセス可能
  • CD-ROM: 読み込み専用領域

ドライバ不要のインストール

CmDonglesは、マスストレージデバイス(MSD)またはヒューマンインターフェイスデバイス(HID)の2つの通信インターフェイスで有効になります。 そのため、追加のドライバは必要なく、ユーザーは管理者権限なしでPCに接続してCmDongleを使用できます。ソフトウェアベンダーは、ユニットを納入する前に選択を行い、HIDまたはMSDを自分で設定するか、顧客に選択を任せることができます。

複数のベンダー - 1つのCmDongle

各CmDongleは、異なるベンダーのライセンスを別々の領域に保存できます。 従って、ユーザーは1つのCmDongleで複数のベンダーのライセンスを管理することが可能です。 この機能は、プラグインおよび拡張機能のサプライヤにとって特に魅力的です。

ライセンス更新

CmDongleを利用するソフトウェアベンダは、現場で直接ライセンスを更新することができます。更新はデータ交換に基づいています。 実際には、ユーザーはソフトウェア発行者に、目的のCmDongleを識別するリモートコンテキストファイルを送信します。 次に、ソフトウェアベンダは、その特定のCmDongleに一度だけインポートできるリモートアップデートファイルを作成します。

このプロセスにより、ライセンスの有効化、アップグレード、および無効化が可能になります。 改ざん防止レシートを使用すると、CodeMeterは自動的にアクションが正常に実行されたことを確認します。ライセンスの更新は、CodeMeter License Centralによって自動的に送信されます。

安全なファームウェアアップデート

CmDongleのファームウェアも現場で更新することができます。 ソフトウェアベンダは、納入時にまだ利用できなかった機能を使用することができます。ファームウェアアップデートはウイブシステムズによって署名されており、オンラインまたはオフラインで配布できます。 そのため、偽または自家製のファームウェアアップデートが検出されると、CmDongleによって拒否されます。

安全な内部クロック

各CmDongleは内部クロックを備えています。 すべての時間ベースのライセンスは、CmDongle上で内部クロックに対して自動的にチェックされます。 この時計はスマートカードチップにあり、改ざんから保護されています。 インテリジェントな同期メカニズムを提供し、すべてのフォームファクタで利用可能で、バッテリを必要としません。つまり、無制限の実行時間を意味します。

必要に応じて、CmSticks / Tには仮想クロックの同期のための追加の基準として使用される追加のバッテリ駆動クロックが付属しています。 この特定のCmStickは、ソフトウェアの使用期限が限られていてめったに使用されない場合には強くお勧めします。

CmDonglesは、様々なフォームファクタで利用できます。

CodeMeter Dongles

フラッシュメモリ付CodeMeter Dongles


CodeMeter Dongles – Discontinued / Limited Production

CodeMeter Dongles with flash memory – Discontinued / Limited Production