To top
Products Products

CmActLicense

Share:

セキュアライセンスファイル

CmActLicense(シーエム・アクトライセンス)は、ソフトウェアを保護しライセンス管理をするためのソフトウェアベースのライセンス形態で、ハードウェアドングルよりも費用対効果の高い方法です。CmActLicenseは、署名付きおよび暗号化されたライセンスファイルで構成されています。ソフトウェア発行元は、ライセンスがユーザーのコンピュータにバインドされているかどうか、およびその方法を完全に制御できます。ライセンスファイルに使用される独自の暗号化方式により、秘密の対称キーと非対称キーをユーザーのコンピュータに安全に保存することができます。

CmActLicenseを使用すると、ソフトウェア発行元はAES(Advanced Encryption Standard)、RSA(Rivest-Shamir-Adleman)、ECC(Elliptic Curve Cryptography)などの対称または非対称アルゴリズムを使用してデータを個別に暗号化および復号できます。

自動バインディング:CodeMeter SmartBind

CodeMeter SmartBindは、セキュリティと柔軟性を兼ね備えたCmActLicenseをコンピュータやデバイスにバインドするための特許取得済みのソリューションです。CodeMeter SmartBindは、エンドユーザーのコンピュータのフィンガープリントを作成します。これにより、ハードディスク、マザーボード、ネットワークカード、CPUなどのいくつかのハードウェアプロパティが記録されます。フィンガープリントは自動的にエンドユーザーの環境とオペレーティングシステムを考慮に入れます。仮想環境とその固有の特性も自動的に検出されます。

特許取得済みの許容メカニズムにより、コンピュータのハードウェアが選択された許容レベル内で交換された場合でも、ライセンスファイルに格納されているCmActLicenseと暗号化キーは有効なままです。ソフトウェア発行者は、次の許容レベルから選択できます。

  • SmartBind Tight(厳しい)
  • SmartBind Medium(標準)
  • SmartBind Loose(ルース)

個別バインディング

SmartBindは自動的にCmActLicenseのための最適なバインディングメカニズムを選択します。あなたが自分でバインディングを設定したい場合は、CodeMeterは次のオプションを提供しています:

  • ハードドライブ(D)、ネットワークカード(N)、CPU(C)、およびマザーボード(B)に関連するプロパティの選択
  • 乱数
  • マシンのSID
  • IPアドレス
  • Binding Extensionを使用したカスタム実装

アクティベーション不要のライセンス

ソフトウェアベンダーは、ライセンス認証なしで使用できるCmActLicenseを作成できます。このようなCmActLicenseはすでに事前にアクティベーションされており、エンドユーザーのコンピューターのハードウェア資産には拘束されず、どのコンピューターにもインポートできます。インポートプロセスが完了すると、これらのCmActLicenseはコンピューターにバインドされ、ライセンスと暗号化キーの安全なリポジトリとして使用できます。

ソフトウェア発行元は、CmActLicenseを1回だけインポートするか、同じコンピュータに複数回インポートするかを選択することもできます。エンドユーザーが一度だけインポートできる期間限定ライセンスは、デモ/試用版ライセンスとして使用できます。この場合、CodeMeterトライアルライセンスが必要になります。ソフトウェアをリバースエンジニアリングから保護するためにProtection Suiteを使用していて、ライセンスが不要な場合は、アクティベーション不要のライセンスが最適なソリューションです。ソフトウェアを保護する暗号化キーは、ソフトウェアとは別のCmActLicenseに安全に格納されています。これはソフトウェアを分析することを事実上不可能にします。この場合、CodeMeter Protection Only Licenseが必要になります。

安全なアップデートと簡単な配布

CmActLicenseは、わかりやすい配布方法を提供することが特徴です。ユーザーはソフトウェアを自分のコンピューターにインストールし、オンラインまたはファイル共有を介してライセンスをアクティベーションします。その後、マシンのフィンガープリントを含むリモートファイルが生成され、ソフトウェアベンダーに転送されます。ソフトウェアベンダーは、ターゲットコンピューターに一度だけインポートできるリモートアップデートファイルを作成します。

このプロセスにより、ライセンスのアクティベーション、アップグレード、および無効化が可能になります。改ざん防止レシートを使用すると、CodeMeterは自動的にアクションが正常に実行されたことを確認します。ライセンスの更新は、CodeMeter License Centralによって自動的に送信されます。

仮想環境での使用

仮想環境でのCmActLicenseの使用は簡単で安全です。以下のオプションが利用可能です。

  • 仮想マシン内ではアクティベーションしません。ソフトウェアは、ホストまたはライセンスサーバーにあるネットワークライセンスを介して使用されます。
  • 仮想マシン内でのアクティベーションはハードウェアに強く結び付けられています。仮想マシンが別のホストにコピーまたは移動されると、ライセンスは無効になります。
  • 高可用性ソリューションにおける仮想マシン内でのアクティベーション。仮想マシンとライセンスは自由に移動できます。仮想マシンがコピーされると、ライセンスは無効になります。

期間限定ライセンス

デモライセンスとトライアルライセンス、およびレンタルライセンスは、期限付きライセンスとして作成できます。CodeMeterは、ライセンスをコンピューター上の時間的な改ざんから保護する革新的な方法に頼っています。CodeMeterには、コンピューターの時間とは無関係に動作する内部仮想クロックが付属しています。内部クロックは、インテリジェントなメカニズムによって、各CmActLicenseのコンピューターのクロックと同期して動作します。CodeMeterはライセンスの有効期限を内部クロックと照合します。時間ベースの改ざん攻撃は無効になります。

関連情報

CodeMeter製品は、WIBU-SYSTEMS株式会社から直接購入可能です。
いくつかの質問にご回答頂くと、弊社営業から必要な情報をお送りします。

お問合せ