To top
Company Company

CodeMeter Cloud Lite: ライセンス管理を軽やかに、高機能はそのままに

Share:

ウイブシステムズのCodeMeter Cloud Liteは、SaaSアプリケーションのライセンシングを簡素化します。

保護、ライセンシング、セキュリティ技術の世界的リーダーであるWibu-Systems(以下、ウイブシステムズ)は、 フルスペックのCmCloud(シーエムクラウド)テクノロジーをスリム化したCmCloudLite(シーエムクラウドライト)の新バージョンにより、クラウドへの対応を拡大し続けています。すでに利用されているライセンス機能を搭載し、既存のバックエンドソリューションへの統合が容易なこの最新のクラウドオプションは、効率的でリソースを重視するモバイルおよびSaaSアプリケーションの世界に、CodeMeter(コードメーター)のライセンシングおよびソフトウェア保護テクノロジーをもたらします。

完全な互換性の原則に従い、CmCloudライセンシングサービスは、CodeMeter Protection Suite(コードメーター プロテクション スイート)によって提供されるすべての保護機能と動作します。CodeMeter Protection Suiteは、安全性が担保されない環境でソフトウェアを実行する際に、アプリケーションを手動または自動で暗号化およびライセンシングするために使用される、汎用性の高いツールキットです。しかし、すべてのユースケースでこれら全ての保護機能が必要となるわけではありません。すでに安全な環境でソフトウェアを実行しているソフトウェア開発者や企業は、よりスリムなソリューションと小さな実装容量を保護機能よりも優先する場合があります。CmCloudLiteは、このようなニーズを満たすよう開発されました。

CmCloudLiteは、CodeMeter Protection Suiteの保護機能を付加することなく、安全なクラウド環境でソフトウェアをライセンシングすることに特化したソリューションです。既存のシングルサインオン(SSO)システムと連携し、まさにユーザーを核としたライセンスというCmCloudのビジョンを実現しています。ユーザーがどこで、どのデバイスを使っているかに関係なく、クラウドからソフトウェアを実行可能ということが、ユーザーを核としたライセンスです。物理的コンテナ(CmDongle)またはソフトウェアコンテナ(CmActLicense)は必要ありません。既知のユーザーまたはユーザーグループをライセンスにバインドするためのクレデンシャルファイルが必要なCmCloudのツールとは異なり、CmCloudLiteは、通常SaaSアプリケーションのようなシステムと連携して使用されます。これにより、ライセンス環境全体が機敏かつ無駄のないパートナーシップへと変貌します。ユーザーがSSOサーバーにサインオンしている限り、CmCloudLiteは、OAuth2やSAMLといったインターフェイスを使用し、該当するライセンスが実際にそのサーバーのアクティブユーザーアカウントに対応しているか確認することが可能です。

つまり、CmCloudLiteは、スリムでセキュアなクラウドライセンシングソリューションということです。他のCodeMeter製品と同様、ライセンスはCodeMeter License CentralまたはそのカスタムWebポータルバージョンを介して、作成・管理・配布されます。また、そのシステム全体は、既存のERPおよびeコマースと容易に統合でき、より洗練されたビジネスオペレーティングモデルと素晴らしいユーザー体験をもたらします。CmCloudLiteは、CodeMeterが提供するソフトウェアライセンシングと収益化機能すべてを実現すると共に、SaaSのメーカーおよびプロバイダー向けのモデルチェンジがされています。

ウイブシステムズの営業担当VP兼セキュリティエキスパートであるリュディガー・キューゲラーは、CmCloudLiteが当社の精神そのものだと述べています。「ITセキュリティベンダーとして、私たちは、互換性、使いやすさ、そして本当に重要なものを見抜くセンスを大事にしています。CmCloudLiteは、目的に合わせて完璧な調整がなされ、セキュリティがすでに備わっているクラウドベースのソフトウェアは、ライセンシングがより容易に可能です。」