To top
Resources Resources

サービス、メンテナンス技術者用のライセンス

現場のサービス技術者が、機械や装置の保守・修理作業を行うためのソフトウェアを必要とするアプリケーションは、多くの分野に存在します。例えば、フォークリフト、手術台、ATMなどです。サービスソフトウェアには多くのノウハウが含まれており、不正な者から保護する必要があります。またソフトウェアだけでなく、文書やマルチメディアコンテンツもノウハウとして含まれることが多いです。CodeMeterは、このようなユースケースに最適なソリューションを提供します。

競合他社からの保護

サービス業でCodeMeterを使用する理由の上位に、競合他社からノウハウを守ることが挙げられます。このため、競合他社が自社の開発を短縮するために、ソフトウェアを分析したり、ドキュメントにアクセスしたりすることを防ぐことができます。しかし、潜在的な顧客とのセールストークにおいて、弱点を探し出し、その知識を利用することは避ける必要がります。

CodeMeterは、CodeMeter Protection Suiteでソフトウェアを、 SmartShelter PDFでドキュメントを暗号化し、権限のない者によるアクセスや分析を防止しています。

サービスプロフェッショナルの資格の証明

多くの場合、あるサービスはトレーニングを受けた担当者によってのみ提供されることが許されています。資格は時に期限付きで、定期的に更新する必要があります。CodeMeterの要件の1つは、対応する活動に必要なソフトウェアへのアクセスの制御です。このように、CodeMeterでは、異なるアクセス権限を個々のライセンスとしてマッピングすることができます。資格を取得したサービス技術者には、トレーニングされた内容のライセンスが割り当てられ、それは特定の時間に限定されることもあります。これにより、適切な訓練を受けた専門家のみが、その資格が有効である間、そのような作業を行うことが保証されます。

外部のサービス技術者

ATM Cash Machine機器や機械の供給者として、自分でサービスを実施したい分野もあるはずです。これは、ビジネスモデルとして欠かせないものです。一方、法的な要請から、パートナーや競合他社にサービス市場を開放せざるを得ない場合もあります。

CodeMeterは、アクセス権を効果的にコントロールすることができます。デバイスやマシンを操作する人を把握し、資格や認定を受けた専門家に制限するか、サービスソフトウェアの購入を義務付けるかを決定します。

不満のある従業員、元従業員から保護

不満を持つ元または現在の従業員による産業スパイは、過小評価されがちな要因です。顧客データ、ソフトウェア、テンプレート、契約書案、設計図などは、盗難や改ざんの典型的なターゲットの一例に過ぎません。競合他社に対する保護と同様に、CodeMeterはこの場合、データやソフトウェアを暗号化する可能性も提供しています。そして、使用はライセンスの存在と結びつきます。ここで非常に重要なのが、ライセンスの期限です。このため、データを復号する可能性も制限されますし、受信者にとってはあなたが指定した期限が経過すると、このデータは無価値になります。また、そのライセンスがかつて存在した時期がある場合にも適用されます。ライセンスが従業員のパソコンに紐付いていることで、ライセンスの継承がより一層難しくなります。

顧客による不正な変更Empty hospital operating theatre with lighting over bed

機械の設定を誤ると、致命的な結果を招くようなユースケースがあります。例えば、手術室用機器や透析装置などです。しかし、命に別状がない場合でも、設定を変更することで、無駄が生じたり、摩耗や損傷が激しくなったりする場合があります。例えば、歯科用フライス盤の調整不良や風力タービンの最大回転数の誤りなどが考えられます。保証に関する議論を避けるため、CodeMeterでは、機器の設定と校正を認定されたサービス技術者に限定して行うことができます。

ロギング

また、ユーザーやサービス技術者が自ら設定を行う必要がある場合にも、CodeMeterは最適なソリューションとなります。CmDongleを使用することで、誰が設定を変更したかを特定することができます。改ざん防止のためのログは、変更内容とそれを許可した人を記録するために保存されます。

また、フラッシュメモリー付きのCmDongleを使用すれば、特別に許可されたソフトウェアだけが読める領域にログを記録することも可能です。これにより、ユーザーによる偶発的または故意の削除やウイルスからログを保護することができます。

2要素認証

ATMのような機密性の高いアプリケーションでは、所持と知識による二要素認証の実装が可能です。サービスマンはCmDongleを所有し、CmDongleのパスワードを知っている必要があります。その両方があってこそ、ソフトウェアの立ち上げやサービスの提供が可能です。

Forklift in a warehouse暗号化

CodeMeterがサービスソフトウェアやサービスドキュメントに有効である2つの要因のうち1つは、ライセンスにバインドされたキーでデータを暗号化するオプションです。正しいキーを持つサービス技術者のみがソフトウェアやドキュメントにアクセス、復号し、業務に使用することができます。CodeMeterは、さまざまな権利とエンタイトルメントレベルをきめ細かく選択することができます。指定されたデバイスにバインドされたCmDongleまたはCmActLicenseは、この目的のための強固で保護されたキーストレージを提供します。

ライセンスの自動更新

2つ目の重要なポイントは、自動更新の発行です。これらは、CodeMeter License Centralを介して作成され、サービス技術者が取得します。発行者としては、ライセンスが悪用されるリスクを減らすために、特定の期間に制限します。ソフトウェアは定期的にCodeMeter License Centralにチェックバックし、バックグラウンドで自動的にライセンスを更新します。これにより、オンラインを維持するサービス技術者は、常に完全に使用可能なライセンスを持っていることになります。現場でライセンスを紛失した場合は、CodeMeter License Centralでロックされ、自動的に期限切れになります。新しいドキュメントや機能に対する新しい権限付与のような変更も、この方法でバックグラウンドで展開することができ、必要に応じて取消しすることもできます。

 

KEYnote 37 – Edition Spring 2019