To top
Resources Resources

CodeMeterによるセキュアなライセンシング技術でソフトウェアの収益化を!

Share:
Unleash the Power of CodeMeter

 

「開発したソフトウェアやAIモジュールに対して、セキュアにライセンスをつけて収益化したい」「サブスクリプションでソフトウェアを提供する仕組みが欲しい」などの要望をCodeMeterが叶えます。貴社のソフトウェアライセンシングビジネスを具現化しましょう。

IoT・インダストリ4.0・スマートファクトリー・デジタルトランスフォーメーション(DX)― 

昨今よく聞かれるこれらのキーワードに共通するのは、【ソフトウェア】が重要な役割を担うことです。ものづくりの開発現場では、CAD/CAM/CAEや開発ソフトは幅広く利用されています。また開発された製品は、以前はハードウェアが中心でソフトウェアはその付属物のような位置付けでしたが、全てがデジタル化される時代では、ハードウェアの制御やデータ通信ソフトウェアは大変重要であり、AI技術の導入も進んでいます。企業も多くのコストをかけて開発しているため、ソフトウェアで収益を上げることは重要なビジネス課題です。その反面心配されるのは、労力をかけて開発したソフトウェアやAIモデルが悪意ある第三者にリバースエンジニアリングにより解明され、海賊版を作られたり不正利用をされたりすることです。企業の重要なIP資産の流出は、収益に甚大な影響を及ぼします。

そこでウイブシステムズが提案するのは、CodeMeter(コードメータ)によるソフトウェア保護とセキュアなライセンスシングソリューションの導入です。

 

CodeMeterによるセキュアなライセンシング技術でソフトウェアの収益化を!
6月8日(月) 13:30 (日本時間) 日本語 登 録
録画版が公開されたらメールを受け取る 登 録
Check your Time Zone

約1時間のWebinarでは、以下のご紹介をします。

CodeMeterの概要

CodeMeterで何かできるのか、最初に概要を説明します。ソフトウェアを暗号化して、それにライセンスを付けて配布するのが、CodeMeterの基本機能です。しかし、CodeMeterの一番の特長は、柔軟性と拡張性です。様々なビジネス課題に応える柔軟性と拡張性について紹介します。

ソフトウェア保護化ソリューションのインテグレーション

CodeMeterの暗号化技術により、違法な海賊版作成やリバースエンジニアリングに対する効果的なセキュリティを実現します。CodeMeter Protection Suiteは、アプリケーションまたはライブラリを簡単かつ安全に暗号化するための自動化ツールの完全なセットを提供します。

ライセンシングとアクセス制御

貴社のビジネスモデルに合わせて、ライセンスの配布方法やアクセス制御の設定の選択肢を豊富に取り揃えています。ライセンスは、ハードウェア・ソフトウェア・クラウドの3種類、またライセンスモデルに合わせてライセンスの関連付け先を人・コンピュータ・日付・数量・機能などから自由に選択・組合せが可能です。

Back Office システムとのインテグレーション

ライセンスを管理するCodeMeter License Centralは、SAP ・Salesforce ・Microsoft Dynamics と言ったERPおよびCRMソフトウェアとの統合が可能です。

適用事例の紹介

CodeMeterは世界中で様々な業種で利用されています。その一部をご紹介します。