To top
Resources Resources

ロックウェルオートメーション - 米国 - 産業オートメーション

コードに対してコピーと印刷を防止して、暗号化をすることで、時間とリソースのアクセス制御を備えた分散型労働向けのキーを柔軟に管理します。これらすべてはCodeMeter Source Protection Providerで実現できます。

かつては、ソースコードへのアクセスが単にパスワードによって規制されていた時代がありました。パスワード自体は非常に扱いにくいツールであり、多く人々が使用する中でより不安定になります。パスワードは実際には弱く作られ、簡単に追跡でき、意図的または知らずに権限のないユーザーと共有できます。また、使用期間は無制限であるため、アクセスは永続的に提供されます。

権限と関連システムの確認に多大な投資をした組み込みシステムは、非常に正確にアクセス制御のためには最高の保護に値します。それでもパスワードが、代理のプログラマーがアプリケーションのソースコードを編集するための簡単な入力システムである場合は、パスワードを堅牢なコンテナに保存する必要があります。この二重認証アプローチは、機密データへのアクセスを完全に資格のあるデータのみに制限する効果的な方法です。

ロックウェルのStudio 5000 Logix Designerは設計および構成ソフトウェアで、卓越した使いやすさでエンジニアリングを合理化します。その統合コントロールシステムは、OEM、SIer、およびエンドユーザーに単一でスケーラブルな開発環境を保証します。

ロックウェルのコントローラーは、Studio 5000から表示可能なソースファイルを介してプログラムされます。Wibu-Systemsによって実装された新しいテクノロジーにより、パスワードは暗号化されないままローカルマシンに保存されるのではなく、Wibu-SystemsのCmContainerで暗号化されます。 CmContainerは、CmDongle(スマートカードコントローラーを組み込んだ改ざん不可能なハードウェアデバイス)またはCmActLicense(ソフトウェアライセンスファイル)のいずれかです。

そして、アプリケーションであるCSPP(つまり、CodeMeter Source Protection Provider)は、この仕組みを補完します。これは、企業がパスワードを集中管理できるように特別に設計されています。管理者はCSPPマネージャーからユーザーの権利を付与でき、パスワードは、企業サーバーにインストールされているCodeMeter License Centralを通じてフィールドエンジニアに転送されます。後者では、CSPP Clientが実行され、Studio 5000とのインターフェースがあり、設定された特定の時間と機能に対して権限が割り当てられます。

したがって、パスワードの保存と管理は、最強のストレージテクノロジーだけでなく、強力な認証機能とリモートパスワード処理(ドングルの内容全体の電子メールによる更新を含む)を備えた頑丈なソリューションになります。 さらに、Wibu-Systemsに典型的なすべての主要な機能が、有効期限の設定から使用カウンターまで、従来の永久ライセンスメカニズムの代わりとして実装されています。 さらに、ローカルストレージを備えたCmDongleは、従来のパスワードファイルに安全なストレージメカニズムを提供することにより、すでにフィールドにあるすべてのロックウェルソース保護キーと後方互換性があります。

Studio 5000を介してLogixアーキテクチャによって実現された生産性の最適化により、プロセスから安全性および動作まで、すべての分野に世界クラスの機能が確実に提供され、不正な変更の影響を受けません。 そして、不正行為者の活動がはるかに複雑になった今、OEMは自社の知的財産開発の取り組みを十分に活用することができます。