To top
Resources Resources

PROPELLERHEAD – スウェーデン – 音楽ソフトとスタンダード

複数のライセンスオプションにより、極めて高いスケーラビリティを実現しています。1人のプライベートユーザーのニーズから、数百シートのサイトライセンスまで、1つの包括的なコアソリューションでカバーします。

成功への道 - 継続的な進化

課題

私たちは、すべての課題を解決するニーズを満たすソリューションを探していました。それは安全性と経済性を備え、ライセンスや配信のためのシステムと連携するための十分なインフラを提供すると同時に、長期的には相互作用による損害のリスクを最小限に抑えることができるよう、オープンで柔軟性のあるものでなければなりませんでした。

解決

CodeMeterを使用することで、ユーザーが望むさまざまなライセンスオプションを提供することができ、ユーザーからも大変喜ばれています。一例を挙げると 同じソフトウェアでも、家庭用のお客様が1つのライセンスで利用するものから、数百人の従業員が利用する企業用のライセンスまで、何段階にもスケールアップできますが、CodeMeterはどのような場合でも同じように機能します。当社のエンジニアは、このAPIを使用してソフトウェアを簡単に保護することで、高いセキュリティレベルを実現しています。

結果

CodeMeterの導入を決定して以来、Wibu-Systemsは技術面でもサポート面でも非常に信頼性の高いソリューションを提供してくれています。「Ignition Key」としてカスタマイズされたCmStick、組み込み分野向けのCmStick/CI、アクティベーションベースのソリューションであるCmActLicenseは、当社に最大限の柔軟性と利益をもたらしています。

Ernst Nathorst-Böös氏
CEO Propellerhead社

『Wibu-Systems社の一流のソフトウェア保護ソリューションを使用することで、Propellerhead社は、ユーザーにとって特に適したライセンスシステムを構築することができました。 Propellerhead社は、我々とパートナーの利益を守りながら、ユーザーにとって最適なライセンスシステムを構築することができました。パートナーは、当社製品のための追加ソフトウェアを開発します。この保護がなければ、Rack Extensionが今のような成功を収めることはなかったでしょう。』

Propellerhead社について

Propellerhead Softwareは、1994年に設立されたスウェーデンのストックホルムに本拠を置く民間企業です。Propellerhead社は、ミュージシャンに優しい製品で知られており、世界で最も革新的なソフトウェア製品、インターフェース、技術標準を開発、確立してきました。

Reason、ReCycle、ReBirthアプリケーションは、音楽家、プロデューサー、そしてメディアまでもが、インスピレーションを与えてくれる素晴らしいサウンドと高品質の音楽ソフトウェアとして賞賛しています。音楽アプリ「Figure」は、様々な市場で利用できることから、2012年にAppleの「App of the Year」を受賞しました。ReWireやREXファイルフォーマットなどの技術は、多くの主要な音楽アプリケーションに実装されている事実上の業界標準です。

現在プロペラヘッドの製品は、何十万人ものプロや愛好家が、あらゆる音楽制作のために使用されています。

PropellerheadとCodeMeterのライセンシングソリューション

Propellerhead社のReasonは、世界的にも優れた音楽ソフトウェアです。このソフトウェアは、本物のスタジオの機能を備えたバーチャルミュージックスタジオです。ユーザーフレンドリーなインターフェイスや感覚的な音楽制作方法などの特徴を持つReasonは、プロの音楽家だけでなく、個人の音楽家にも愛用されています。Reasonの改良型コピープロテクションの模索を始めたとき、将来のコピープロテクションがユーザーの体験を侵害するようなものにならないようにしました。

WIBUの技術は、Propellerhead社が求めていた柔軟な認証方法を可能にすると同時に、十分な安全性も備えています。プロのミュージシャンが、異なるコンピュータを使って異なる音楽スタジオで作業する必要がある場合には、USBドングル(Ignition Key)を中心としたソリューションを構築しました。趣味でReasonを使う人は、1台のコンピュータで使えれば十分なので、ここではCmActLicenseを使って、特定のコンピュータでReasonを認証できるようにしました。また、CmStick/CIが内蔵されているオーディオインターフェイスBalanceには、インターフェイス自体が認証キーになるようなオプションが用意されています。

CodeMeterツールを使用して、Reasonで作成されたドキュメントを暗号化するため、ユーザーが作品を開くには常に適切なReasonのコピーが必要です。また、登録ユーザーがコピープロテクションによってソフトウェアを使用できなくなるような状況に陥らないように、多くのフォールバックオプションを提供しています。万が一、Ignition Keyを自宅に忘れた場合でも、インターネット上で認証を行い、暗号化されたソフトウェアが必要な鍵を使って、Propellerhead社のサーバーで復号が可能なオプションも用意しています。

Propellerhead社のソフトウェアは世界中の音楽教育に使用されています。そのため、教室や音楽室でのマルチライセンスのインストールに独自のソフトウェア保護が使用できることが必須でした。 CodeMeterをネットワーク上で使用する場合、Ignition Keyを持つのはネットワーク上の1台のコンピュータだけです。認証と復号はすべて、Reasonを実行しているコンピュータからネットワークを介して行われます。ネットワーク上のIgnition KeyをReasonが自動的に検出するため、大規模な環境でのライセンスのインストールや管理に必要な労力を効率化できます。

ユーザーの視点から見ると、インストールと認証のプロセスは非常に無駄がありません。必要なWIBUコンポーネントはすべてReasonソフトウェアとともにインストールされ、認証はPropellerheadのウェブサイト上で行われ、必要なライセンス情報はユーザーのIgnition Keyに自動的に書き込まれます。

最近では、CodeMeterの技術は、私たちのソフトウェアをサードパーティの開発者に開放する際の重要な機能となっています。これらの開発者は、楽器やスタジオ機器の形でReason用のプラグインソフトウェアを作成し、Reasonユーザーは私たちのオンラインショップから購入してダウンロードすることができます。サードパーティの開発者を保護するために、私たちはプラグインがダウンロードされる前に、プラグインのバイナリのごくわずかな重要部分を、ユーザー固有のキーで暗号化するシステムを作りました。これにより、開発パートナーは、ユーザーにとって価値のある製品を作ることに時間を割くことができ、保護機能の追加に時間を割く必要がなくなりました。

また、ユーザーにとっては、Reasonシステム全体が単一のソースで認証されることになります。例えば、レコーディングスタジオなどで第三者のコンピューターで作業をしたい場合、必要なのはIgnition Keyとインターネット接続だけです。Reasonソフトウェアをダウンロードした後、すべてのライセンスとプラグインは、ユーザーアカウントからコンピュータに自動的に同期されます。