To top
Resources Resources

フエニックス・コンタクト - ドイツ - 産業オートメーション

A Software Marketplace for Industrial Controller Applications

CodeMeterのライセンシング技術が、フエニックス・コンタクトのPLCnext Storeに採用

課題

産業オートメーションは、現代のデジタル経済が有する能力と大きな可能性を示す一つのモデルケースです。この分野では、最新の産業用コントローラーや高度な生産技術が旧式のマシンと隣り合わせに存在する場合が多く、最先端の自動化ソフトウェアと新旧のハードウェアとの融合、そして複雑で多様なインフラの運用が必要とされます。フエニックス・コンタクトは、PLCnextというエコシステムでこの新しい枠組みに挑んでいます。特に、幅広いユーザーコミュニティと現場のさまざまな状況に対応できるよう、オープンかつ柔軟な設計になっています。PLCnextテクノロジーには、新しいオープンなハードウェアと、フエニックス・コンタクト独自のソリューションとサードパーティーソリューションの両方に対応するモジュラー型ソフトウェアプラットフォームが含まれています。ソフトウェア駆動型のデジタル資産が、このエコシステム全体のコア資産として移行する中で、知的財産(IP)保護、ライセンシング、および収益化に関する新たな方法を見出す必要がありました。

解決

そこでフエニックス・コンタクトは、新しいエコシステムを支えるPLCnext Storeを投入しました。このストアでは、同社とサードパーティの開発者は、フエニックス・コンタクトのPLCnextコントローラーで使用することができるソフトウェアをアプリケーションの形で提供し、産業オートメーションエンジニアは、それらを購入およびダウンロードすることが可能です。同社は、このプロセス全体に適した保護とライセンシング技術を検討する中で、Wibu-SystemsのCodeMeterに辿り着きました。このテクノロジーは、既に同社独自のデスクトップソリューション(例:PLCnext Engineer)に不可欠な要素となっています。CodeMeterのライセンシング機能は、PLCnext Storeの内部に組み込まれており、貴重なIPの保護・ライセンシング・配布をサポートしています。

結果

アプリ開発者は、CodeMeterによって保護およびライセンシングされたソフトウェアを、セキュアかつ効果的なPLCnext Storeという販売チャネルを通じて提供できるようになりました。また、CodeMeterの優れた柔軟性により、アプリケーションは、プレミアム版、無料版、さらにはトライアル版(オートメーションエンジニアが、テストし自分の選んだ設定に最適なソフトウェアを見つけ出す)として提供することができます。さらに、アプリケーションの保護・ライセンシング・請求システム全体がPLCnext Storeのプロセスにスムーズに統合されているため、開発者とユーザー双方にとって、可能な限り負担のかからない、ライトな体験を提供することが可能です。

Daniel Buschatzky
Technology Manager, PLCnext Technology
PHOENIX CONTACT Electronics

「CodeMeterは、長年にわたり、フエニックス・コンタクトのソフトウェア開発と配布プロセスにおいて重要な役割を担っていました。そしてこの度、当社のPLCnext Storeの保護とライセンシングの基盤として、再度CodeMeterを選択しました。IPの盗難やリバースエンジニアリングに対する不安もなくなり、我々とサードパーティの開発者は大きな安心感を得ています。」

フエニックス・コンタクトについて

フエニックス・コンタクトは、電気工学・電子工学・オートメーションの分野における部品、システム、ソリューションのグローバルマーケットリーダーです。家族経営企業である同社は、現在、世界中で約20,300人もの従業員を抱え、2021年の売上高は29億7,000万ユーロに達しています。本社はヴェストファーレン州ブロムベルクに位置し、グループは、ドイツに15社、海外に4社、そして世界中に販売法人55社を擁しています。国際的に、同社は100カ国以上に進出しています。

フエニックス・コンタクト:CodeMeterで新しいアプリケーションのエコシステムを構築

今日のスマート産業に欠かせない技術を支える企業であるフエニックス・コンタクトは、PLCnext(産業オートメーションのための新たなハードウェアおよびソフトウェアのエコシステム)によって新しいデジタル、ソフトウェア主導のビジネスを導入しました。オートメーションシステムは、常にハードウェアとソフトウェアの複雑な組み合わせで構成されていますが、新しいデジタル機能、ソフトウェアで実現されたソフトウェアベースのマシン機能への移行により、その中心がソフトウェアへと移行しています。

世界中のスマート工場において、新たな産業用通信プロトコル、最新の生産技術、高度なコントローラー技術の導入が進んでいますが、その多くは、既存の工場と同じ場所で稼動しています。従って、これらのシステムを設計する現場のエンジニアやオペレーターは、ますます複雑化するインフラに対応することのできる、よりシンプルなソリューションを求めています。そこでフエニックス・コンタクトは、このニーズに応えるため、オートメーションソリューションの新シリーズ、PLCnextを発表しました。このシリーズには、最先端の組み込みハードウェアと、一般的なAppStore形式のPLCnext Storeを通じて、組み合わせ自由なオートメーションソフトウェアが含まれています。

このオンラインストアでは、開発者が開発した成果物を簡単に収益化できるように、プロセス全体ができるだけシンプルかつ合理的になるよう設計されています。またストアでは、顧客管理・アプリケーション配布・請求、そして重要な、Wibu-SystemsのCodeMeterによる保護とライセンシングも行います。開発者は、アプリに最適な価格設定と販売戦略を決めることができ、販売地域やライセンスモデルの選択も可能です。ユーザーはストアにログインし、無料またはプレミアムアプリの中からニーズに合った最適なソフトウェアを選択することができます。また、トライアルライセンスも用意されており、特定のターゲットアプリケーションに対応することも可能です。

Wibu-Systemsのテクノロジーのモジュラー型による拡張性と柔軟性により、CodeMeterで人気の高い、暗号化およびライセンシング機能をフエニックス・コンタクトの製品へ容易に組み込むことができました。またCodeMeter License Centralを使用することで、同社は、ライセンスの作成・配布プロセスを既存のバックエンドインフラに統合可能な、強力な統合ツールを手に入れました。CodeMeter License Centralは、SAPやSalesforceなどの一般的なCRM、eコマース、ERPシステムと連携するように構築されており、多くのライセンス管理業務を処理または自動化し、貴重な労働力やリソースの削減につなげることができます。ライセンスの割り当て・借用・返却・販売、その他全般的な管理は、データベース主導のソリューションを通じて行われます。強力なインターフェイスを選択することで、これらの操作すべてを既存ワークフローへ統合したり、完全なセルフサービスとして自動化したりすることも可能となります。

この利便性は、同社にとってPLCnext Storeに欠かせない要素です。フエニックス・コンタクト独自のソフトウェアやサードパーティアプリのユーザーが、快適かつスムーズに使えるよう、作り込まれています。ユーザーは、自動化設定を行うために必要な機能をストアで購入するだけでよく、バックグラウンドで動作する暗号化やライセンシングのメカニズムについて把握する必要はないのです。また、CodeMeterは、セキュリティ面でも妥協はしません。受賞歴のあるCodeMeter Protection Suiteには、さまざまなプラットフォームや開発環境向けの専用かつ広範囲に自動化された暗号化機能が含まれています。Wibu-SystemsのCodeMeterと同じ技術、同じ基準ですべてが保護されているため、フエニックス・コンタクトやそのサードパーティの開発者は、独自の暗号化メカニズムを追加する必要はありません。

これにより、開発者は、IPを収益化するための負担や悩みから解放されます。ライセンシングプロセスは、PLCnext Store体験に組み込まれ、市場投入までの時間の大幅短縮、新規販売チャネルの提供、新市場の開拓を実現します。フエニックス・コンタクトとWibu-Systemsがそれぞれのスキルを持ち寄ることで、アプリ開発者は、ソフトウェアがCodeMeterの強力な暗号化メカニズムで保護され、スマートかつ完璧に調整されたCodeMeterライセンスでリリースされるという安心感とともに、これらのすべてを実現することができるのです。