To top
Resources Resources

Categories: ヘルスケア

Metrohm(メトローム) – スイス – 化学分析

CodeMeterをMetrohm社の化学研究室向け滴定プラットフォームであるOMNISに統合することで、75年にわたる研究と革新を保護し、同社の実験機器に柔軟なライセンスモデルを提供します。

CodeMeter – 化学分析機器の保護とライセンシング

ソフトウェアおよび組込みデバイス向けのインテリジェントなビジネスモデル

課題

スイスの Swiss Metrohm AG(以下、メトローム社)は、化学研究室向けの滴定プラットフォームであるOMNISの新製品を発売するにあたり、ソフトウェアに投資されたノウハウを保護するための保護システムと、研究室の機器用にカスタマイズされたソフトウェアライセンスモデルの作成を可能にする柔軟なライセンスシステムを必要としていました。また、ライセンシングとエンタイトルメントのソリューションを、同社の既存のバックオフィスシステムとシームレスに統合することも求められていました。

解決

Wibu-Systemsの主力製品であるCodeMeterは、メトローム社が自社のソフトウェアアプリケーションをPCおよび分析装置で動作する組込みOSの両方で保護し、同じライセンス技術を備えることを可能にします。CodeMeter License Central インターネット版は、Wibu-Systemsが提供するライセンス作成・配信のためのサーバーソリューションで、両方のタイプのシステムにおけるライセンスアクティベーションの作成、管理、追跡をサポートします。

結果

CodeMeterをOMNISプラットフォームに統合することで、メトローム社は自社のノウハウを偽造やリバースエンジニアリングから強力に保護できるようになっただけでなく、CodeMeter License Centralの多彩なインターフェースを利用して、包括的なポータルの設定、ライセンスのアクティベーションと追跡、現場でのライセンスの使用とアクティベーション状況のモニタリングを行うことが可能です。

メトローム社について

メトローム社は、高精度の化学分析機器を製造する世界有数のメーカーです。世界120カ国以上に子会社や販売パートナーを持ち、同社はイオン分析分野のソリューションを開発し、滴定分析装置のグローバルマーケットリーダーとしての地位を確立しています。メトローム社のグループには、スイスのヘリザウにある当初の事業に加えて、オンライン分析装置や電気化学研究用機器のメーカーであるMetrohm Applikon社とMetrohm Autolab社があります。また、2013年には近赤外分光器、2016年には携帯型ラマン分光器を発売し、同社のポートフォリオを充実させています。

Bjoern Christensen 
Head Product Group Software/Workflow/Platforms Chief Systemowner OMNIS, Metrohm AG

「メトロームのすべての製品には、75年にわたる研究とイノベーションが注ぎ込まれています。OMNISのような画期的な製品に注ぎ込まれた専門知識は、我々の最大の資産であり、Wibu-Systemsの優れたライセンス能力でそれを保護しています。」

化学とIT - CodeMeterで結ばれる2つの世界

スイスのアッペンツェル州にある絵に描いたような美しいアルプスの町ヘリサウには、1943年の創業以来、小さな新興企業から世界的な企業へと発展してきた魅力的なサクセスストーリーを持つメトローム社があります。世界有数の高精度機器メーカーであるメトローム社は、化学業界における革新的な企業として知られ、尊敬を集めています。同社は革新的な製品ラインを発表してきた実績があり、分析装置で動作するソフトウェアと、通常のPCで動作する個別のコントローラーソフトウェアの統合が進んでいます。ユーザーは、自分のアプリケーションに対応した分析装置のセットを購入し、OMNISソフトウェアを使用して、モジュール化され、カスタマイズされた、完全に自動化されたプロセスチェーンでそれらをリンクさせることができます。

コントローラやモニタリングデバイスは、組込みOS上で動作するソフトウェアによって管理されています。OMNISは、専用のPCアプリケーションからこれらの操作をモニタリングします。Wibu-SystemsのCodeMeterにより、これら2つのソフトウェアコンポーネントが単一の技術で保護されることになり、メトローム社側の開発プロセスが大幅に簡素化されました。しかし、メトローム社はこれをさらに進めて、新たな相乗効果を新しいビジネスモデルに活用しています。

PC上のソフトウェアも、組み込み機器上のソフトウェアも、ユーザーのニーズに合わせて柔軟にライセンスを設定することができます。ソフトウェアには常にすべての機能が搭載されていますが、ユーザーが実際に利用できる機能セットはライセンスによって決定します。メトローム社は、ソフトウェアの認証が必要なのは1つのバージョン(完全なパッケージ)だけなので、この点でも商業上のメリットがあります。

メトローム社のもう一つの主要な要件は、CodeMeter License Centralによって解決された。ライセンスの作成、管理、割り当てを行うサーバーは、メトローム社の既存のバックオフィスシステムと柔軟に統合されています。同社はOMNISへの移行の一環として多機能な社内ポータルを導入しましたが、このポータルはCodeMeter License CentralのWebインタフェースと完全に接続されており、システム内のすべてのライセンスデータを効果的に利用できるようになっています。この点において、真のビジネスインテリジェントシステムと言えます。

また、サービス、トレーニング、販売もポータルの設計に重要な役割を果たしています。メトローム社は、ハードウェア(CmDongle)とソフトウェア(CmActLicense)の両方のライセンスシステムを別々の実装を必要とせずに運用できるCodeMeterの機能を信頼しています。ソフトウェアライセンスのみを使用する基本的なシステムについては、メトローム社のグローバルサービスチームが現場で機能をアクティベーションするためにCmDongleを装備・使用することができます。デモや緊急時のライセンスもポータルで柔軟に対応し、トレーニング目的の一時的なライセンスにも対応しています。メトローム社のグローバルな販売代理店は、ポータルを使って顧客に必要なライセンスにアクセスできます。また、包括的なモニタリング機能により、デバイス1台単位でライセンスの有効性を追跡することができ、サービスやサポートが非常に容易になります。

メトローム社とその製品は、Wibu-SystemsのCodeMeterが、保護とライセンスを単一の技術的ソリューションで、PCと現場の機器の両方に対応するシンプルで統一された方法となることを印象的に証明しています。適応可能なインターフェイスは、独自のシステムとのカスタム統合を可能にし、将来のソリューションに対するメトローム社の投資を保護します。