To top
Resources Resources

Categories: CAD/CAM

BAZIS – ロシア – 家具製造

永久ライセンスの個別ハードウェアによる保護と、期間限定ライセンスのインターネットを介した集中セキュリティ。ロシアで初めて、シンプルなロジスティクスとさまざまな保護戦略を提供するCADシステムです。

Wibuの技術でソフトウェア物流を簡素化

課題

BAZISは、ドングルで保護された永久ライセンスと、ドングルなしの期間限定ライセンスでソフトウェアを販売しています。すべてのライセンスモデルには、海賊版に対する強力な保護が必要です。エンドユーザーは、インターネット・プラットフォームを使って、ソフトウェアとライセンスにアクセスします。柔軟で時間ベースのライセンスにより、エンドユーザーは強力なCADソフトウェアを低コストで手に入れることができます。また、インターネットをプラットフォームとしたデータ処理も迅速に機能しなければなりません。

解決

Bazis-Centerのサーバー側に設置されたCmDongleユニットは、完全なライセンス保護を保証し、CodeMeterの時間ベースのライセンスモデルがインターネット上でのライセンスの展開とリモート管理を行います。効率的かつ包括的な保護システムのために、Wibu-Systemsの技術は、永久ライセンスにも採用されています。

結果

BAZISは、ロシアで初めて時間ベースのリモートソフトウェアライセンスに成功したCAD/CAM/CAEシステムです。特にSaaS型と比較して、高いパフォーマンスとコスト削減が特徴的です。

BAZISについて

BAZISBAZIS-Centerは2002年に設立され、家具業界向けにCAD / CAM / CAEベースの自動化システムを開発しています。 BAZISソフトウェアは、設計から製造まで、すべての家具製造タスクをサポートします。 複雑な自動化システムは柔軟性があり、直感的に操作できます。 1,500以上の家具メーカーがBAZISテクノロジーを使用してキャビネットを製造しています。

Alexey Pletnev,
Protection Systems Developer

「CodeMeterは、ソフトウェア保護のための究極の生成ソリューションであり、保護システムを調査する際に列挙した全ての要求基準を完全に満たしています。CAD / CAMソフトウェアの認定を受けたライセンスプラットフォームは、実際にはクロスプラットフォームサポート、攻撃への耐性、フォームファクターの選択、高いパフォーマンス、および卓越した使いやすさを提供します。」

現代の新しいライセンスモデル

かつて「ものづくり」といえば、巨大な工場で、複数のワークステーションでCADを動かすようなイメージでした。しかし現在では、例えばオーダーメイドの家具を作るために、10×15mほどの小さな部屋で、数台の工作機械を動かしているのが「ものづくり」です。

たとえ小さな構造物でも、実際は昔と同じようにコンピュータ支援設計のアプリケーションが必要なのです。オートメーション・ソフトウェアが産業用資産より確実に安価であっても、新興企業が直面するコストシナリオは非常に厳しいものがあります。

そのためCAD開発会社は、ソフトウェアを提供する新しい方法を見つけなければなりません。時間ベースの管理は、彼らの売上を再び増加させる有効な方法です。同時に、このライセンスモデルによって、新興企業は、適切なツールで複雑なオートメーションに対応するための完全で競争力のあるシステムを享受することができます。

ビジネスを実現するための様々な選択肢

CADシステムを効果的に展開するためには、有償のユーザーだけにアクセスを制限することが最も重要です。それには、以下のような考え方があります。

  1. SaaSを含む一般的なクラウドベースの技術は、技術的・経済的に多くの利点をもたらしますが、1つの大きな欠点があります。CAD環境の特異性は、サーバーとクライアント間で常に交換する必要がある膨大な量のグラフィックデータを生成することです。クラウドベースのアプローチは、一見すると魅力的に見えますが、その後、その魅力が失われていきます。
  2. 期間限定ライセンスを提供する管理システムは、エンドユーザーにとって、永久ライセンスのユーザーが享受するのと同じ高品質の製品と同義です。ハードウェアとソフトウェアベースの保護手段を統合することで、開発者はハッキングを阻止することもできます。しかし、USBドングルを個々のクライアントに配布するための物流負担は、開発会社の資金力を超えて、所有コストを増加させる可能性があります。

CodeMeterは、完璧にバランスの取れたソリューションを具現化

BAZISは、家具製造の自動化のための複合CADシステムで、優れた柔軟性と直感的な操作性を備えています。BAZISは先に、最新の最先端技術によって保護される必要がありました。Bazis-Centerは、CodeMeterの包括的な機能を利用し、ライセンス展開のための独自の時間ベースのシステムを開発しました。プロジェクトの根幹には、インターネット経由でライセンスを配布し、ローカルクライアントドングルを廃止して、1つのハードウェアをBazis-Centerのサーバーに集中的に接続する目的がありました。

このインフラは、ソフトウェア開発者とエンドユーザーの双方にとって、リモートライセンスに関するすべての主要な問題を解決します。

  • サーバー上で一元的に利用可能なCmDongleのコンテンツにリモートアクセスし、すべてのクライアントで同じパフォーマンス指標を利用可能
  • ライセンスサーバーへのリモートアクセスに必要な最小限のネットワーク帯域(システムの標準的な操作では3Gモデムで十分)
  • 期間限定ライセンスと永久ライセンスの両方でBAZISの全機能を利用可能
  • 不正コピーに対するソフトウェア保護
  • 年間保守サービスなしで、常にソフトウェア・アップデートが可能

Bazis-Centerは、Webインターフェースの開発および導入を完了し、ユーザーが期間限定ライセンスにアクセス可能になりました。

CodeMeterを支持する理由

「BAZISのユーザーのコミュニティは拡大し、不正アクセスからソフトウェアを保護するために、ドングルなどいくつかの方法が用いらてきました。BAZISは市場に投入後すぐに攻撃にさらされ、初期の保護対策は簡単に破られてしまいました。そこで、様々なDRMソリューションプロバイダーを試した結果、CodeMeterに決定しました。Wibu-Systemsの技術で保護された最初のライセンスは、2010年に提供開始しました。今日に至るまで、インターネット上のグローバルな公開リポジトリで、当社のBAZISソフトウェアのコピーは1つも検出されていません。そして何より、多様なライセンスモデルを利用できることが、柔軟で使い勝手の良いソフトウェアをクライアントに実装するのに役立っています。」

Alexey Pletnev, Protection Systems Developer