To top
Resources Resources

Categories: その他

ZSK Stickmaschinen – ドイツ – テキスタイルエンジニアリング

グローバル化およびバーチャル化されたビジネスでは、個々のテクノロジーの整合性の保護、顧客のデザインの保護、生産量の管理、機密ドキュメントへのアクセス制限が最も重要です。

CodeMeter – 生産データを守り、ビジネスを保護

アパレル・繊維産業 − 緩んだ糸の解消

課題

繊維産業は、真にグローバル化されたサプライチェーンの台頭において先駆的な分野の1つです。ファッションブランドやハイテクファブリックメーカーは、多くの場合、グローバルに分散したビジネスを運営しており、デザイナーは実際の製品生産から遠く離れています。ZSK Stickmaschinen GmbH は、グローバルなシステムにおいて重要な位置を占めています。貴重で非常にニーズの高いデザインと生産データは、ハイテクデザインツールと刺繍機を通過します。これは、製品の著作権侵害者やグレーマーケットの悪徳な人物にとって誘惑的なターゲットです。

解決

ZSK Stickmaschinenは、Wibu-Systemsのソリューションで独自のビジネスモデルとそのマシンユーザーの正当なビジネスを保護しています。CodeMeterは、適切にライセンスされた刺繍機の使用のみを許可します。ZSKマシンと生産データを制御するソフトウェアを暗号化することにより、Wibu-Systemsのテクノロジーは、IP泥棒が貴重なブランドデザインを盗んだり、偽造者が繊維マシンの内部の仕組みを複製したりするのを防ぎます。

結果

ZSK Stickmaschinenは、小さなCmDongleが目立たないようにマシンに差し込まれているため、独自のテクノロジーと顧客のデザインの整合性が保護され、システムはグローバル化およびバーチャル化されたビジネスの強力なゲートキーパーになります。汎用性の高いライセンスにより、生産量を完全に制御し、手動操作による脅威無しにデータが共有ネットワークを移動できるようにします。顧客のドキュメントへのアクセスは、正当なユーザーに安全に制限され、オプションによりライセンスで定義された特定の期間に制限することもできます。

ZSK STICKMASCHINEN社について

ZSK Stickmaschinen GmbHは、テキスタイルエンジニアリングにおいて1世紀以上にわたり革新し続けてきました。新たなシングルヘッド、マルチヘッドや特殊刺繍機の高い品質、精度、および信頼性を持つ会社として高く評価されています。そのテクノロジーは、通常のブランドのアパレルからハイテクファブリック、そしてウェアラブルエレクトロニクスの有望な分野まで、繊維産業のすべての領域のユーザーに支持されています。

著作権侵害に対する戦い – 繊維産業でのCodeMeter

ファッションの世界と繊維業界全体は、複数の脅威とリスクにさらされています。最も真にグローバル化されたサプライチェーンを持つ業界の1つとして、それは材料製品だけでなく、より無形資産の世界的な流れにも依存します。多くの場合、設計、製造データ、機密ドキュメント、注文仕様は、デジタル形式で製品開発者のオフィスまたはデザイナーのスタジオから、多くの場合は低コストで数々のワークショップや工場に送信されます。衣料品や繊維製品の各パーツは、通常、複数の専門契約製造業者で様々な作業を通過するため、製品パイプライン全体にわたり情報漏洩の可能性があります。

ZSK Stickmaschinen GmbHが開発した機械は、その名のとおり100年以上の技術開発を経て、このグローバルネットワークの重要な分岐点に立っています。その刺繍機械は、サプライチェーンの非常に専門的でIP負荷の高いタスクを処理することがよくあります。テクノロジーは高度に専門化されたアプリケーションにも採用されているため、ブランドアパレルのロゴに限定されません。例えば、自動車業界では、車内の装飾に関する詳細から、耐荷重性カーボンパーツの加工(本質的には織物)という技術的に複雑な作業まで行われ、また、材料に繊細な電子機器を埋め込むこともできます。

繊維産業は、製品の著作権侵害の標的にされやすい業界の1つです。ブランドのファッションの再現性が低く、偽物は一目で分かることができた時代は過ぎ、 現在の著作権侵害行為ははるかに洗練されています。偽造されたデザインはオリジナルに非常に近いため、ファッションブランドや専門の繊維メーカーは、高コストでセキュリティの弱いポストプロダクションマーキングや識別手段に頼らざるを得ません。それでもなお、実質的に同じ製品がグレーマーケットでの販売のために盗まれる「第4のシフト」のリスクが残っています。

テキスタイルおよびファッション企業は、漏洩を防ぎ製品の著作権侵害行為に対抗するために、生産現場に新しい安全装置とトラップを導入する必要があります。Wibu-SystemsのCodeMeterテクノロジーを採用したZSK Stickmaschinenは、刺繍機から直接実行できる強力なツールを提供します。CmDonglesを装備したマシンには、Wibu-Systemsの強力な暗号化、保護, 、およびライセンス機能が整っており、機密データや貴重なIPを脅威から守り、製品メーカーを代表しないことが多い工場での生産量と設計の制御を可能にします。同時に、ZSKシステムのオペレーティングソフトウェアの暗号化は、非常に複雑で革新的な刺繍技術自体が、別の次元の製品著作権侵害、すなわちZSKマシンにあるドイツの高品質・高技術なエンジニアリングの潜在的な盗難から保護されていることを意味します。

保護と暗号化に加えて、CodeMeterの多様なライセンス機能により、ZSK刺繍機のユーザーは、グローバルなIndustrie 4.0である繊維産業にビジネスモデルを適応させることができます。時間またはボリュームが制限されたライセンスにより、設計の使用と生産量を完全かつリアルタイムで制御できます。注文と設計は送信することができ、生産の監視と請求データは機械に改ざんされず安全に返されます。ファッションのパーソナライゼーションに向けた新しいトレンドとともに、ZSK StickmaschinenとWibu-Systemsは、快適なデザインスタジオでデザインの流出を心配することのなく、完全にカスタマイズされた小ロット生産に最適なパッケージを提供します。

Julius Sobizack
Managing Director
ZSK Stickmaschinen GmbH

「私たちはWibu-Systemsと10年以上協力しています。彼らの製品を使い始めて以来、私たち自身のソフトウェアソリューションの著作権侵害行為を経験したことはありません。」