To top
Resources Resources

Categories: その他

VMI –オランダ–製造業

Wibu-SystemsおよびRockwell Automationテクノロジーに基づく集中管理のパスワードキー保護スキームにより、Programmed Logic Controllersへのアクセスを保護し、将来の知的資本およびマシンへの投資を保護します。

パスワード保護とセキュリティ強化の取り組みの把握

挑戦

世界中で洗練されたタイヤ製造機械のサービスを提供しているフィールドエンジニアを有する、タイヤ機械のスペシャリストであるVMIは、設置時にPLCへのアクセスを保護する必要性を感じました。この一流のオランダのタイヤ機械メーカーは、集中管理のパスワードキー保護スキームが、将来のための知的資本と機械投資を保護することに気づきました。

ソリューション

世界最大の産業オートメーションスペシャリストであるRockwell AutomationとWibu-Systemsが協力して、理想的なソリューションを生み出しました。Wibu-SystemsのCodeMeterの高度なコーディングテクノロジーを導入すると、パスワードは暗号化されずにローカルマシンに保存されるのではなく、CmContainerで暗号化されます。 Wibu-Systems License Centralは、ソフトウェアおよびハードウェアキーを割り当て、リモートサイトのローカルエンジニアが安全にアクセスできるようにします。

成功

VMIの主要な管理制御により、機密性の高いシステムソースコードへのエントリ用に、管理者から割り当てられた正しいコードがエンジニアに確実に配布されます。 VMIは、詐欺のリスクを最小限に抑えることにより、独自の知的財産開発の取り組みを十分に活用できます。 現在、パスワードの保存と管理は、強力なストレージテクノロジー、認証機能、およびリモートパスワード処理によってサポートされています。

Jan Grashuis,
VMIグループの研究開発担当副社長

「私たちの最新の受賞歴のあるタイヤ製造製品は、その最先端技術をVMIのタイヤ生産者向け機械製造における50年の専門知識と統合しています。これらは、現在の自動車市場の高度な要件を満たすことを目的とした堅牢な最新のソリューションです。当社の製品は完全に自動化されており、センサーとビジョンカメラによって駆動されます。 このレベルの投資では、グローバルな製品の設置場所にかかわらず、重要な資産を保護するために必要な手順を踏むことが不可欠です。」

顧客

TKHグループの一つであるVMIグループは、タイヤやゴムの加工、缶の洗浄、製品の輸送のための機械の専門的な供給とメンテナンスにおける市場リーダーです。同社は現在、ヨーロッパ、アジア、北米、南米全体で1000人を超える従業員を擁するグローバル組織であり、第二次世界大戦後のオランダの産業の再構築を支援する活動を開始しました。1960年代初頭にゴムおよびタイヤ産業に参入し、後に缶機械に続きました。VMI Careは、企業に加わった最後のビジネスユニットであり、他と同様に、大容量の綿パッド機械の市場リーダーとなっています。

Wibu-SystemsおよびVMI Group

毎年12億本のタイヤが世界中で生産されています。これらのうち、20%はオランダのVMI Groupの機械で製造されています。世界の主要なタイヤブランドのほとんどがVMIタイヤマシンとサービスに依存しています。 

現在では、VMIマシンは1日に2,000本のタイヤを提供できます。プロセスの制御は完全に自動化されています。これらの高度な機械は、より高いレベルの自動化、柔軟性、出力、およびオペレーターの安全性に関する現在および将来のタイヤ業界の要件を満たしています。オランダのVMIの研究施設で開発された同社は、「安全トルク」と「安全速度」の機能を備えた最新世代のProgrammable Logic Controllers(PLCs)を配備しています。 

VMIタイヤマシンでは、安全ゾーンがセグメント化されているため、オペレーターがマシンに入ると、作業エリアのみが影響を受け、マシンの残りの部分は機能し続けます。 これにより、製造出力が大幅に増加し、従来の安全システムから大きく前進します。優れたレベルのパフォーマンスを提供する技術はPLCからもたらされます。PLCのほとんどは、アメリカの専門およびVMIテクノロジーのパートナーであるRockwell Automationによって提供されています。 

VMIのR&D担当副社長であるJan Grashuis氏は、次のように述べています。「タイヤ製造の制御要件には、高度な知識とプログラミング作業が含まれます。VMIでは卓越した品質を提供しているため、私たちは業界で技術的なリーダーシップを維持しています。」

「以前は、主要なタイヤブランドが独自のマシンを開発および製造していましたが、現在では、コアビジネスにますます焦点を合わせ、VMIの製造の卓越性を信頼しています。カメラとビジョンシステムを組み合わせて、オペレーターが手動で介入することなく、タイヤ製造プロセスのステップを監視し、必要に応じて修正を行います。」

リモートサービスは、中国、インド、または他の遠い地域であるかどうかにかかわらず、常にセキュリティの問題を引き起こします。世界中の顧客側のフィールドエンジニアが継続的なメンテナンスとアップグレードを必要とするため、VMIはPLCソフトウェアのセキュリティプラットフォームをアップグレードすることを決定しました。

「当社のソフトウェアには、マシンの操作を制御する重要なアルゴリズムが含まれています。そのため、保護が必要です」とJan Grashuis氏は説明します。「コードへのアクセスを管理するための予防策は、特に遠隔地では不可欠です。 これが、RockwellとWibu-SystemsがCodeMeterソリューションを考案した理由です。」

Rockwellのコントローラーは、Studio 5000ソフトウェアスイートから表示可能なソースファイルを介してプログラムされます。 Wibu-Systemsによって実装された新しいCodeMeterテクノロジーにより、パスワードは暗号化無しにローカルマシンに保存されなくなり、別のCmContainerで暗号化されるようになりました。 CmContainerは、CmDongle(スマートカードコントローラーを組み込んだ改ざんできないハードウェアデバイス)またはCmActLicense(ソフトウェアライセンスファイル)のいずれかです。

Wibu-Systems CSPP(CodeMeter Source Protection Provider)は、このソリューションを補完します。 CSPPはリモートでパスワードを管理します。VMIのオランダオフィスの管理者は、CSPP Managerからユーザー権限を付与されることができます。 パスワードは、企業サーバーにインストールされているCodeMeter License Centralを介して、CSPP Clientを実行しておりStudio 5000と接続しているフィールドエンジニアに転送されます。その後、管理者によって設定された一連の機能と時間範囲について、割り当てられたマシンのみを維持できます。

さらに、ローカルストレージを備えたCmDongleは、すでにフィールドにあるすべてのRockwellソース保護キーと後方互換性があり、従来のパスワードファイルに安全なスマートカードベースのストレージメカニズムを提供します。ソフトウェアアーキテクチャによってもたらされる生産性の最適化は、プロセスから安全性、モーションまで、世界クラスの機能を提供し、不本意な変更や不正な変更から完全に保護されます。

VMIの場合、安全なパスワード管理は強力なソリューションとなり、最も強力なストレージテクノロジーと強力な認証機能およびリモートパスワード処理(電子メールによるドングルコンテンツ全体の更新を含む)を組み合わせています。現在、世界中でタイヤ生産が行われている場所であればどこでもタイヤ機械制御ソフトウェアの貴重なソースコードが包括的な保護を享受しています。