To top
Products Products

ライセンスベースの保護

Share:

Rockwell Software® Studio 5000 Logix Designer® は、CodeMeterテクノロジーを統合して、ソースコードの作成・変更からコントローラーで実行するコンパイル済みのプログラムまで、製品ライフサイクルのすべての段階で知的財産を保護します。これらすべてのフェーズにおけるIPへのアクセスには、開発者、SIer、機械オペレーター、メンテナンス・テクニカルサポート担当者、受託業者、そしてエンドユーザーなど様々な関係者が関与します。そのためサイバー攻撃は、IPを盗もうとする企業の内部から、またはシステムを操作しようとする外部から行われる可能性があります。Rockwell Software: Studio 5000

License-based Protectionは、プログラマブルコントローラで実行されるソースコードと実行可能プログラム向けに暗号化と復号に使用される暗号化キーを含むソフトウェアライセンスを作成します。さらに保護されたコンテンツへのアクセスは、最小限の特別なセキュリティの原則に基づいています。つまりユーザーは、自分の仕事に必要なアクセスのみ許可されます。

ライセンスは、機密キーが保存されているスマートカードセキュリティチップを組み込んだ、CodeMeterの改ざん防止ハードウェアエレメンツに保持されています。 これらの安全なデバイスは、さまざまなフォームファクタで利用できます。

CmStick/M with HID or MSD interface and 8 GB flash memory
CmStick/M with HID or MSD interface and 8 GB flash memory
CmStick/C with HID or MSD interface and without flash memory
CmStick/C with HID or MSD interface and without flash memory
CmCard/SD with 4 GB flash memory
CmCard/SD with 4 GB flash memory

License-based Protectionは、次のコンポーネントで構成されています。

  • ソース保護 - 機密コードの保護
    CodeMeterが統合されたRockwell AutomationのRockwell Software Studio 5000 開発および構成環境は、機密のソースコードを暗号化します。開発者は、Studio 5000環境で、ソースコードのどの部分をどのライセンスで保護する必要があるかを決定できます。そのため、認可されたCodeMeterハードウェアセキュアエレメントが提供されるユーザーは、保護されたコンテンツを表示または編集できます。すべての言語でのRoutines、Ladder、Strucutred Text、およびAdd-On Instructions(AOI)がサポートされています。
  • 実行保護 – コントローラーのRuntime保護
    Rockwell AutomationのAllen-Bradley®ControlLogix 5580、CompactLogix 5380、CompactLogix 5480プログラマブルコントローラのアプリケーションコードプログラムは、Web Portalから取得したライセンスが入ったCodeMeterの安全なSDカード(CmCard/SD)がコントローラーにあるときにのみ実行するように設定されています。コピー防止機能は、コントローラー間でのプログラムの不正な移動を防ぎます。
Allen-Bradley ControlLogix 5580 controller from Rockwell Automation with CmCard/SD
Allen-Bradley ControlLogix 5580 controller from Rockwell Automation with CmCard/SD
  • Web Portal – ライセンスと資格の管理
    ソースコードを保護し、実行を保護するためのライセンスは、Webポータルで簡単に生成、転送、配布、管理できます。たとえば、開発者が特別な製品ラインのマシンのソースコードにアクセスする必要がある場合、管理者は限られた時間でも、Webポータルを介して対応するライセンスと認証を簡単に生成できます。ライセンスと認証は、CmStick/M、CmStick/CおよびCmCard/SDの異なるデザインで保存できます。
Web Portal: easy creation, management, and distribution of licenses and permissions
Web Portal: easy creation, management, and distribution of licenses and permissions

Web Portalの柔軟性により、特定のマシン、ルーティン、およびAOIのライセンスを管理し、Recipient Typeの機能を使用してユーザープロファイルを事前定義することもできます。

基本的に、License-based Protectionは、Original Equipment Manufacturers(OEM)に、開発者、スタートアップおよびメンテナンスエンジニア、エンドユーザーのIP権利を最も細かく多目的な以下の方法で管理する技術を提供します:

  • コントローラ上で実行されるソースコードとプログラムに強力な暗号化と安全なキーストレージを提供する最先端の暗号化と安全なハードウェアエレメンツ。
  • 重要なコードを表示、編集、コピー、エクスポート、および保護するための高度にターゲットが絞られたライセンス、ユーザープロファイル、および権利の作成。 例:起動/故障診断、機能強化、修正。
  • ライセンスの配布、使用状況、関連するライセンスコンテナ、およびライセンスの有効性に関する情報を含む統合レポート・報告。
  • 時間ベースの制限を設定して、ユーザーの権限をさらに制限。
  • コントローラーの保護されていないコンテンツに引き続きアクセスして編集し、IOの強制やアップロード/ダウンロードなどの一般的なメンテナンスタスクを実行するための、ライセンス権を持たない人のための機能。
  • 複数の開発チーム、サービスチームまたは組織へのシンプルで安全な配布これもさまざまなマシンタイプに対応。

 

Allen-Bradley, ControlLogix, Rockwell Software, Studio 5000 and Studio 5000 Logix Designer are trademarks of Rockwell Automation Inc.