To top
Products Products

CodeMeter Trial License

Share:

CodeMeterトライアルライセンスは、時間制限付きデモバージョンを無制限に配布する費用対効果の高い方法を提供します。ユーザーはデモ版をPCにインストールし、アクティベーションや登録をすることなく、指定した期間使用可能となります。ユーザーへソフトウェアの購入を勧めるために、どの程度デモバージョンを利用させるかコントロールできます。試用期間が終了すると、ユーザーはデモ版を利用することができなくなり、ソフトウェアを購入するオプションが残ります。

CodeMeterトライアルライセンスに代わるものは、登録必須となるデモバージョンです。ここでは、ユーザーは登録後にのみデモバージョンを使用することができ、ライセンスをサイレントにアクティブ化します。 ソフトウェア発行者は顧客のデータを受け取り、ソフトウェアの購入を促進するためにターゲットを絞ったマーケティングアクションを開始することができます。このオプションの詳細については、デモバージョン(登録制)を参照してください。

リバースエンジニアリングと海賊行為に対する保護

ソフトウェアベンダーは、リバースエンジニアリングや海賊行為からソフトウェアをCodeMeterによって保護することができます。Protection Suiteは、保護されたソフトウェアを自動的に暗号化するシンプルで効果的な方法を提供します。または、CodeMeter APIをソフトウェアと統合することも可能です。

ユニバーサルで一度きりのライセンスファイル

CodeMeterの開発ツールを使用することで、ユーザーのPCのハードウェアプロパティにバインドされていないライセンスファイルを作成することができます。ライセンスファイルは、ユーザーに対して有効となる試用期間を設定する使用期間を定義しています。ライセンスファイルは改ざん防止されていて、PCに1回だけインポート可能です。保護されたアプリケーションを初めて起動した際、試用版の開始時刻はライセンスファイルに設定されています。事前に設定された有効期限にを過ぎると、ライセンスの使用とソフトウェアの起動ができなくなります。

また、他の製品やソフトウェアの新しいバージョンを同じデモライセンスで使用できるか、この目的のために特別に作成できる別のライセンスで使用できるかを決定する機会もあります。 個別のライセンスを使用することにより、ユーザーは元のデモライセンスに関係なく、追加の製品または新しいバージョンをテストすることができます。

改ざんに対するセキュリティ

ユーザーがソフトウェアをインストールすると、CodeMeter Runtimeも同時にPCにインストールされます。

CodeMeter Runtimeは、ライセンスファイルのインポートと使用を許可します。コードの復号は、攻撃者から遠ざかった完全に安全な環境であるCodeMeterランタイムで行われます。CodeMeterの安全な仮想クロックは、ユーザーのPCの時計に対する改ざん攻撃からデモライセンスを保護します。事前に設定された有効期限を過ぎると、ライセンスは無効となり使用することができなくなります。

CodeMeter Runtimeは、ユーザーのPCでのアクティベーションに関連する情報を非表示にします。そのため、同じPCに同じライセンスを再インポートしても失敗します。

CodeMeterの技術に興味がありますか?
いくつかの質問にご回答頂くと、弊社営業から必要な情報をお送りします。

お問合せ