To top
Products Products

CodeMeter Cloud Lite - クラウド上でライセンス管理

Share:

CodeMeter Cloud Lite は、クラウドサーバーを介してライセンスを付与するためのシンプルですが強力な手段を提供します。 SaaS、サーバー、モバイルアプリケーションを念頭に置いて設計されています。 CodeMeter Cloud Lite は、CodeMeter License Central と完全に互換性があり、確立されたCodeMeter 機能の専用セットが含まれています。

使う側を考えたライセンシング

CodeMeter Cloud Liteは、クラウド内の独立したサーバーであり、お客様またはWibu-Systemsによってホスティングできます。 CodeMeter Cloud Liteには、確立されたITランドスケープで既存のSSO(シングルサインオン)ソリューションとシームレスに連携するために必要なインターフェース(OAuth2、SAMLを含む)があります。 これにより、既存のユーザーアカウントをCodeMeter Cloud Liteで使用できることが保証され、すでに確立されているSSOソリューションと適切に統合されます。

すべてのタイプのCodeMeterライセンスの場合と同様に、ライセンスはCodeMeter License Centralで作成および配信されます。 既存のCRM、ERP、またはeコマースソリューションとの統合はそのままにしておくことができます。 ローカルのCmContainerでライセンスをアクティベーションまたは転送する代わりに、ユーザーIDが割り当てられ、CmCloudLiteContainerがサーバー上で自動的に作成されます。 ユーザーは、CodeMeter Cloud Liteから直接ライセンスを使用できます。 ローカルランタイムをインストールする必要はありません。

CodeMeter Cloud Liteは、SaaSアプリケーション、モバイルデバイス上のアプリ、または標準のデスクトップソフトウェアで動作します。

CodeMeter Cloud Lite

標準プロセス

CodeMeter Cloud Liteは、CodeMeter License Centralの標準プロセスを使用します。コンテナの新しい選択肢であるCmCloudLiteContainerが提供され、ライセンスをCodeMeter Cloud Liteでのみ使用できるか、ローカルのCmDongleまたはCmActLicenseに転送できるかを決定できます。後者の場合、ユーザーはライセンスの移動先を自由に選択できます。 ライセンスは、オフラインライセンスを非アクティベーションするか、CmCloudLiteのアカウントからライセンスを削除することにより、新規アクティベーション用に取得できます。

CodeMeter Runtimeは不要

CodeMeter Cloud LiteはSOAPとRESTインターフェースを提供し、CodeMeter Runtimeが利用できないシステムや、CodeMeter RuntimeまたはCodeMeter Embeddedとの統合が現時点では実現不可能または極端に難しいシステムでも、CodeMeter Cloud Liteを利用できるようにします。 これは主に、サーバー上でJavaScriptまたはPHPアプリケーションを使用するHTML5アプリケーションに適用されます。

サーバーおよびSaaSアプリケーションに最適

CodeMeter Cloud Liteは、サーバーアプリケーションとSaaSアプリケーションを備えています。 ユーザーはSaaSアプリケーションにログインできます。これにより、CodeMeter Cloud Liteで使用可能なライセンスが確認され、ライセンスされた機能のロックが解除されます。

タブレットコンピューターまたはスマートフォン用のモバイルアプリケーションは、アプリに直接統合するか、サーバーに依存することにより、CodeMeter Cloud Liteライセンスで使用することもできます。

CodeMeter Protection Suite IP Protectionを使用して、ローカルアプリケーションを改ざんやリバースエンジニアリングからさらに保護できます。

クラウドとオンプレミスの統合プロセス

CodeMeter Cloud Liteの大きな利点は、クラウドとオンプレミス側の両方でプロセスを調整できることです。 CodeMeter License CentralはSAP、Salesforce、またはその他のERP、CRM、eコマースソリューションと統合できるため、CodeMeter Cloud Liteでライセンスを自動的に作成するプロセスを利用できます。

ライセンスの返却が不要

従来のソリューションでは、ユーザーがライセンスを積極的に返却する必要があります。 CodeMeter Cloud Liteを使用すると、ユーザーは新しいデバイス上でも、自分の側で特別な操作をしなくてもライセンスを再度使用できます。 ライセンスの割り当て期間の期間を決定し、 キープアライブオプションは、アクティブなアプリケーション内からその期間を自動的に延長します。 その時間が経過した場合、またはアプリケーションによってライセンスが明示的にクリアされた場合、ユーザーは再び使用できるようになります。 複数のライセンスにより、ユーザーは複数のデバイスでアプリケーションを同時に使用できます。

無駄のないAPI

CodeMeter Cloud Liteには、クラウドでライセンスを使用するための無駄のないAPIが付属しています。 ライセンスされたアプリケーションは、次の機能を使用できます。

  • ログインユーザーの全ライセンスとライセンスオプション(プロダクトアイテムオプション)の一覧
  • ライセンスの割り当て
  • 割り当てられたライセンスのライセンスオプション(プロダクトアイテムオプション)の一覧
  • キープアライブ信号の送信
  • 割り当てられたライセンスの解除
CodeMeter Cloud Lite

管理用API

管理用APIは、ライセンスをCodeMeter License CentralからCodeMeter Cloud Liteに、またはその逆に移動し、ライセンスを一覧表示する手段を提供します。 次のアクションを処理できます。

  • チケットにすべてのライセンスを記載
  • ユーザーの全ライセンス一覧
  • ユーザーへのライセンスの割り当て(ライセンスの有効化)
  • ユーザーからのライセンスの削除(ライセンスの無効化)

 

CodeMeter の技術が気になりますか?
いくつかの質問にご回答頂くと、弊社営業から必要な情報をお送りします。

お問合せ