To top
Company Company

COVID-19の時代における信頼できる安全なソフトウェアの役割

Share:

新型コロナウィルスがいかにしてデジタルトランスフォーメーション(DX)の流れを変えたか

Wibu-SystemsのCodeMeterテクノロジーは、COVID-19による危機でも高い需要があります

(カールスルーエ、ドイツ) – 現在、新型コロナウィルスによるパンデミックは、ビジネスを混乱させ、大規模な失業を引き起こし、すべての人々の生活を変えています。Wibu-Systemsは2020年第2四半期に入り、世界中の企業のデジタル資産を保護するという使命を持ちながら、サイバーセキュリティベンダーとして前向きな見通しを提供し、希望を取り戻し、ビジネスに集中しています。

この緊急事態の終了後、世界的な経済回復を達成するために必要な期間や手段、投資について新たな疑問が生じています。現在の危機の規模は、世界の封鎖が始まる前に政府や企業が設定した優先的な取り組みや目標に疑問を投げかけ、進行中のプロジェクトが実現可能かの見通しを難しくしています。

その一方で、この数ヶ月間急いで再構築や改革を行っているビジネスにおいてソフトウェアが担う中心的な役割は否定できないものであり、企業の枠外でデジタル資産を保護する必要があります。今ではスマートワークはすべての人にとって不可欠な現実となっています。 より広い視点から見ると、テクノロジー全般は現在の大流行を解決し、私たちを再流行から守るのに必要なメディカルサイエンスの進歩を支援するために最初に必要とされます。 病気の蔓延を研究するためのビッグデータ分析、重篤な患者の生存を維持するICUの機器を操作するためのソフトウェア、ウイルスに対する人類の答えを構築するための遺伝子工学アプリケーションなど、ヘルスケアとライフサイエンスの分野には「プログラミングコード」が広く浸透していることは間違いありません。

医療機器を操作するファームウェアや患者や市民のデータ、および生物学者やウイルス学者、さらに医療従事者が重要な作業を実行できるようにするソフトウェアのセキュリティが脚光を浴びています。長年にわたり、Wibu-Systemsは、医療分野で活動する多くの企業と共に偽造やリバースエンジニアリング、改ざんの脅威から生成されたコードおよび管理データの整合性を保護し維持しています。非常に必要とされている人工呼吸器の製造に取り組むFritz Stephan、コンピューター画像管理分野のAgfa HealthCareおよびUnited Imaging、消毒剤や防護器具を製造するB.Braun、ネットワークに接続・カスタマイズされた循環器ソリューションを提供するcusto med、幅広い臨床診断ソリューションを展開するAgilent、また化学分析用の卓越した高精度機器を備えるMetrohmのような企業はすでに、CodeMeterなどの保護技術を使用して、自社のノウハウと管理する機密情報の両方を保護することを選択しています。

Wibu-Systems CEO兼 創業者のオリバー・ウィンジェンリートは、今後について楽観的です。「この世界的危機の規模に世界中が驚愕させられましたが、それはまた、私たちが団結し、最重要な優先事項に焦点を合わせて、全ての人にとってより良い未来を創造するきっかけになるかもしれません。社会的距離が必要にもかかわらず、人々はテレコミュニケーション技術で連絡を取り合っており、誰もが本当の責任感を示しています。多くの企業も生産ラインを見直し、結束した行動に惜しみなく貢献しています。経済回復は画期的なものになると私は確信しています。その影響は地球の隅々で感じられ、デジタルトランスフォーメーションは私たちの健康で満ち足りた生活に欠かせないことが明らかになるでしょう。」