To top
Resources Resources
CodeMeter

ユーザーとCmCloudContainer

CodeMeter License Centralは、Wibu-Systemsによるクラウドライセンスの世界への最初の一歩でした。このシステムはライセンスを作成してクラウド経由で配信し、ユーザーはそれらを既知のデバイスにバインドされた安全なハードウェアであるCmDongleまたはCmActLicenseファイルにインポートします。2020年の初頭から、ライセンスはクラウド内の特別なコンテナであるCmCloudContainerに保持できるようになりました。これは、特定のコンピューターではなく、既知のユーザーにバインドされています。この記事では、CmCloudContainerがどのように機能し、どのような目的に役立つかを示します。

WOPSチームによる簡単なセットアップ

CmCloudContainerを運用するサーバーは、クラウドを介してWibu-Systemsによって提供されます。このサービスを運用するためのコストは、特に暗号化機能の使用に依存します。Wibu-Systemsは、3つの拡張パックを備えた3つの魅力的なホスティングパッケージを提供しています。クラウドに移行するには、ソフトウェア開発者は自分のニーズに最適なパッケージを要望するだけでよく、残りはWibu Operating Services(WOPS)チームが処理します。数営業日後に、CodeMeter Cloud Serverの準備が整います。

ソフトウェアの変更は不要

CmCloudContainerは、CmDongleおよびCmActLicenseと完全に互換性があります。CodeMeter Runtime 7.0以降が使用されている限り、CodeMeterで保護されたソフトウェアは、CmCloudContainerで調整せずにすぐに使用できます。ソフトウェアがCodeMeter Protection SuiteまたはCodeMeter Core APIによって自動的に保護されるかどうかは問題ではありません。

異なるCmContainerタイプ間で適用される制限(2020年第1四半期現在)は次のとおりです。

  • 実行可能コードは、CmDongleにのみ移動して実行できます。この関数は、CmActLicenseまたはCmCloudContainerでは使用できません。
  • ライセンスは、CmDongleとCmActLicenseの間でオフラインで移動および借用できますが、CmCloudContainerではできません。CmCloudContainerを使用するユーザーは、ライセンスにアクセスするときにオンラインになるため、これは実際には制限ではありません。これらのライセンスはCodeMeter License Centralに返却され、そこからCmDongleまたはCmActLicenseに移動できます。チェックポイントライセンスは、それらが使用されるローカルデバイスが常にインターネットに接続されてない場合でも、通常借用されるライセンスと同じ目的で使用できます。
  • CmDongleとCmActLicenseは、ライセンスポータルとWebDepotを使用して、簡単かつ直接アクティベーションできます。CmCloudContainerのプロセスは、ファイル交換に依存しています。ただし、Software Activation Wizardを使用すると、直接アクティベーションできます。空のCmCloudContainerを作成するプロセス、または他のコンピューターから既存のCmCloudContainerを使用するプロセスは、新規または他のCmContainerタイプの通常のアプローチとは少し異なるため、Software Activation Wizardのみを調整する必要があります。

新たなCmCloudContainerへの道

CmDongleは、何もない空の状態かライセンスがプリロードされている状態で提供されます。CmDongleをコンピューターに接続すると、CmContainerを使用してライセンスを転送できるようになります。

CmActLicenseでは、ソフトウェア開発者は、ソフトライセンスがユーザーのマシンにどのようにバインドされるかを定義する、すべてのユーザー用のテンプレートを作成することになります。このテンプレートは、ユーザーのコンピュータにインポートされ、プラグインされたCmDongleと同じ方法でCmContainerを利用できるようにします。

CmCloudContainerを使用する場合、テンプレートには各ユーザーのアクセスの詳細が含まれ、ユーザーごとに1つのテンプレート、いわゆる資格情報ファイルが必要になります。通常このファイルは、ライセンスが最初にアクティベーションされた時にユーザーに対して自動的に作成されます。それ以外の場合は、資格情報ファイルを作成して、目的のユーザーに手動で送信できます。

標準的なワークフローは、ユーザーが自分のコンピューターでソフトウェアを初めて起動することから始まります。ソフトウェアは、デバイスでまだ使用可能なライセンスが無いことを認識し、Sodtware Activaton Wizardを起動します。このウィザードを使用すると、ユーザーはライセンスポータルでアカウントを作成できます。これは、ソフトウェア開発者に代わってWibu-Systemsによってホストされるか、開発者自身のサーバーで実行されるCodeMeter WebDepotの拡張機能です。バックグラウンドで、ライセンスポータルはWibu-Systemsが運営するCodeMeter Cloud Serverに接続します。そこで、問題のユーザーの資格情報ファイルが作成され、ライセンスポータルに配置されます。Sodtware Activaton Wizardは、新しいアカウントの作成に応じてこのファイルを受け取り、ファイルはユーザーのローカルシステムに自動的にインポートされます。次に、ユーザーはチケットを入力します。それに応じて、要求されたライセンスがCmCloudContainerにインポートされ、すぐにユーザーが使用できるようになります。ユーザーの観点から見ると、入力する必要があるのはユーザー名(通常は電子メールアドレス)、新しいパスワード、およびチケットだけです。残りのすべては、バックグラウンドで自動的かつ透過的に行われます。

新しいコンピュータ – 同じCmCloudContainer

CmCloudContainerの固有の利点の1つは、ユーザーが外出先でCmCloudContainerにアクセスできるように、クラウド上に保持されることです。このプロセスは、ユーザーが新しいコンピュータにソフトウェアをインストールする時にも簡単です。起動すると、ソフトウェアは新しいシステムにライセンスがないことを認識し、Software Activation Wizardが起動します。新しいアカウントを作成するオプションに加えて、ユーザーがユーザー名とパスワードを入力した場合、ウィザードは既存のアカウントを使用することもできます。Software Activation Wizardは、この情報を使用してライセンスポータルにログオンし、ローカルコンピュータにインポートする資格情報ファイルを取得します。システムがCmCloudContainerに再度アクセスしたため、アクティブ化されたすべてのライセンスがそのデバイスでもすぐに利用できるようになります。

ライセンスが意図した以上に使用されることを、心配する必要はありません。CmCloudContainerでさえ、ユーザーが支払った以上のライセンスを使用することはできません。所有するCmCloudContainerを任意の数のデバイスにインポートできますが、コンテナ内のライセンスは一度に1つしか使用できません。このシステムは、フローティングライセンスを使用したネットワークサーバーに似ています。2つのライセンスを所有するユーザーは、1台のコンピューターで同時に、または2台のコンピューターで別々にそれらを使用できます。これは、ライセンスがローカルコンピューターではなくクラウドでアクセスされるためです。また、CmCloudContainerを使用する場合、ユーザーがオンラインである必要があるのはこのためです。

ライセンスの追加

既存のCmCloudContainerにライセンスを追加するのは簡単で、CmActLicenseおよびCmDongleで使用されるプロセスと同じです。ユーザーはチケットを入力してCmCloudContainerを選択します。

CmCloudContainerは本質的に常にオンラインであるため、ソフトウェア開発者はそれらを事前にアクティベーションできます。ターゲットのCmContainerがその時点で既知である場合、CodeMeter License Centralでの作成時にすでにライセンスをCmContainerにバインドできます。ソフトウェアが起動すると、Software Activation WizardはCodeMeter License CentralでこのCmContainerを待っているライセンスの更新があるかどうかを確認し、ライセンス更新がある場合は自動的にアクティベーションできます。このプロセスはすべてのタイプのCmContainerで機能しますが、CmCloudContainerを使用すると、ソフトウェア開発者は、自動更新トリガーを使用して、Software Activation Wizardを起動しなくても、すぐにライセンスをアクティベーションできます。

パスワードまたは資格情報ファイルを紛失した場合の処理

何か上手くいかない場合はどうなるのでしょうか? ライセンスポータルには、紛失したパスワードをリセットするための一連の標準オプションが含まれており、ユーザーのメールアドレスが必要です。

紛失した資格情報ファイルは、ライセンスポータルまたはSoftware Activation Wizardから再度ダウンロードすることで置き換えることができます。紛失した資格情報ファイルが別のユーザーと一緒に再表示される場合、正当な所有者ではなくそのユーザーがライセンスされたソフトウェアにアクセスできます。このようなシナリオでは、元の所有者がライセンスポータルから新しい資格情報ファイルをリクエストする必要があります。これにより、以前のファイルが無効になり、そのファイルを使用していた人はアクセスできなくなり、本来の所有者のみがアクセスできるようになります。そのユーザーが複数のデバイスで作業している場合、影響を受けるすべてのデバイスの資格情報ファイルを置き換える必要があります。これはすべて、ソフトウェアベンダーによる手動の介入なしに自動的に行われます。

KEYnote 39 – Edition Spring 2020