To top
Resources Resources

Categories: サービス

データセンターの新しいパートナー

2020年8月、Wibu Operating Services(WOPS)は、正式に新しいWIBU-SYSTEMS AG独自のデータセンターに移行しました。最初の評価および計画から移行の完了まで、この過程に携わった皆様の専門的な協力と善意、そして忍耐力がなければ、12か月の努力は成功しなかったでしょう。関係者の皆様に感謝申し上げます。

背景

新しいデータセンターパートナーへの移行という決断は、多くの理由から生まれました。その中でも特に、Wibu Operating Servicesの大きな成長過程があります。当社のサービスの利用が増加するにつれて、そのニーズと要件も拡大していきます。高可用性と24時間年中無休のデータセンター運用は長い間標準でしたが、情報セキュリティ管理(ISMS)の概念であるビジネス継続性管理(BCMS)、データ保護(EU GDPR)、及びクラウドのセキュリティに注目が移っています。これらはすべて、国内および国際的な認証が多く含まれています。

CmCloudは、Wibu Operating Servicesにも新たな課題をもたらします。強力なクラスター化されたインメモリデータベースシステムが必要であり、その操作は外部の専門知識にすぐにアクセスできるかどうかに依存します。システムの数が増えるにつれ、バックグラウンドで発生する技術プロセスもはるかに効率的になる必要がありますが、実際のIT人材は依然として不足しています。

Wibu-Systemsは、既存のホスティング契約で保証されているサービス標準に変更や影響を与えることなく、新しいデータセンターパートナーに移行することを決定し、課題に正面から向き合うことを決意しました。

新たなパートナー

慎重な評価と審議を経て、私たちはフランクフルトのClaranetGmbHを選択しました。Claranetは、市内で2つのデータセンターを運営しており、クライアントのデータをドイツ連邦共和国の領域内に保持し、ドイツの法律の権利と保証によって保護されています。Claranet Groupは、西ヨーロッパ全体に他のデータセンターを維持しており、国際的な拡大や地理的クラスタリングの道を開く可能性があります。新しいパートナーがGartner®のランキングで「クラウド」のリーダーとして繰り返しランクインしていることは、Claranetの能力を証明しています。

利点

新しいデータセンターパートナーの決定により、Wibu Operating Servicesはクライアントのサービス品質を新しいレベルに引き上げることができます。ここでは、いくつかの改善点を挙げます。

  • これまでの2つのリダンダントキャリアは、完全なカルテットに拡張されました。
  • データセンターの技術チームは、新しい人材を迎えて大きく成長しました。
  • Wibu Operating Serviceチームは、設置やメンテナンスのプロセスをスムーズにする、より快適で効率的なツールを利用できます。
  • システムの拡張も容易になり、メンテナンスウィンドウを待たずにオンラインでリソースを追加できるようになりました。
  • クラス最高の管理プラットフォームが導入されており、タスクをより効率的に、あるいは完全に自動化することができます(API)。これにより、クライアントの特殊な要求に対して、より迅速で効率的な対応を約束します。
  • Wibu Operating Servicesは、新たに拡張された技術ポートフォリオ(ペネトレーションテストなど)を提供します。
  • 多くのサービスが認証された形で提供されるようになりました。

証明書

Wibu Operating Servicesは、パートナーであるClaranet社の協力により、以下の認証およびコンプライアンスの証明を取得しています。

  • ISO/IEC 27001:2013 (ISMS)
  • ISO/IEC 27018:2014 (Cloud)
  • ISO/IEC 27017:2015 (Cloud
  • ISO/IEC 22301:2012 (BCMS)
  • ISO 9001:2015 (Cloud)
  • SOC 2 Type II Report in accordance with ISAE 3402 (Quality)
  • CSA STAR CAIQ Version 3.0.1 (Security)
  • Trusted Cloud Label of the BMWi
  • CHECK 28 data protection audit (DSGVO Art. 28)

詳細については、Claranetの公式ウェブサイトにアクセスしてください。

改善

移行の一環として、お客様のほぼすべてのCodeMeter License Centralのインストールを最新のバージョンに移行しました。カスタム変更や調整のためにすぐに更新できないケースは、移行期間中、特別なネットワークゾーンに移動し、インストール間の混乱や干渉を防ぎました。CodeMeter License Centralでは、主要システム(リバースプロキシサーバ、ロードバランサ、データベースクラスタ)の再設計により、モニタリングが再度最適化されました。

Wolfgang Voelker
Director Wibu Operating Services
「私たちは、お客様に提供できるサービスの質と範囲がさらに向上したことを誇りに思います。WOPSチームは、新しいデータセンターのパートナーの優れた能力を活かして、エキサイティングな新しいプロジェクトに取り組むことを楽しみにしています。」

KEYnote 40 – Edition Fall 2020