To top
Company Company

第8回 IoT | M2M展【春】

Share:
2019 4月 10 - 2019 4月 12

IoT / M2M展は、リードエグジビジョンジャパン株式会社が主催する、『Japan IT Week【春】』内で開催される展示会です。要素技術からエッジコンピューティング、遠隔監視、生産管理、予知保全まで最新のIoTソリューションを提供する約450社が出展する大規模な展示会です。

同時に隣で開催される組込みシステム開発技術展では、開発ツールやテスト・検証、CPU/MCU、ミドルウェアが展示されます。産業分野を問わず、産業機器やそのソフトウェアの開発者は製品開発に必要な情報を一度に得ることができます。

また、IoTや組込み技術の専門セミナーが有料または無料で数多く開催されます。

IoT は、生産工程を最適化し、世界経済を再活性化する膨大な機会を提供します。しかし、産業分野におけるデジタル変換を効果的かつ安全に活用する方法はどうすればよいでしょうか?

WIBU-SYSTEMS のCodeMeter は、マシンコード、構成エントリ、およびプロダクションデータを、著作権侵害、リバースエンジニアリング、および改ざんから保護します。CodeMeter が複数のデバイス( コンピュータ、組込みシステム、PLC、およびマイクロコントローラ)、に対応し、産業システム(Android、Linux、QNX、およびVxWorks) およびアーキテクチャ(ARM、x86、およびPowerPC) 上で動作し、デジタル鍵、ソフトウェアライセンス、および機密情報を格納するためのハードウェアソフトウェア、およびクラウドコンテナを利用することができます。

WIBU-SYSTEMS は、東芝情報システム様のブースで、Raspberry Pi を用いながら、CodeMeter® ソリューションのデモ展示を行います。

デモ展示では、以下の流れをご説明します。

1)ソフトウェア開発ベンダーが、CodeMeterのProtection Suiteでソフトウェアを保護

2)ソフトウェア開発ベンダーが、CodeMeter License Central上でチケットを発行。

3)ソフトウェアのユーザーが、CodeMeter License Central上でチケットをアクティベーションし、ライセンスを取得。

4)ソフトウェアのユーザーが取得したライセンスを用いてRaspberry Piを起動。

CodeMeterは、ソフトウェアの形態やライセンスモデルによって、様々な選択肢を用意しています。展示員が最適な方法をご提案致しますので、ご検討中の要件をお伝えください。またご希望の方にはSDK(Software Development Kit)を提供します。