To top
Company Company

DigiFab4KMU – 中小企業向けのデジタルファクトリー

Share:

建設業界における課題と機会としてのデジタル化

建設業界は、デジタルトランスフォーメーションの時代であり、課題が増え続けています。建築プロジェクトに求められる条件が複雑化しているだけでなく、考慮しなければならないガイドラインや法律も複雑化しているため、現在でも一人のプランナー、時にはプランナーグループ全体の豊富な経験だけでは、複雑な問題や建築プロジェクトの最適な解決策を見出すことはできません。BIM(Building Information Modelling)は、このような課題を解決するための最初のアプローチです。利用可能なデータが大幅に増加し、ソフトウェアソリューションの機能が充実してきているにもかかわらず、現在市販されているBIMシステムは、通常、孤立したソリューションとなっています。また、これらのシステムでは、異なるシステムからの幾何学的なデータや建設関連のデータを処理するだけで、工業生産からの知見を計画段階に統合していないため、重要なプロセスデータが考慮されていません。

目的とアプローチ

これらの課題を解決するために、DigiFab4KMUは、すべての建設段階その基礎となるデータを単一のシステムで統合できるようにすることで、建設業界の革新を目指しています。この目的のために、すべての関連データと情報を統合する革新的な統合仮想化システム(IVS)を開発する必要があります。

  • ライフサイクル全体(計画から実現、運用、最適化、拡張や転換の可能性まで)に加えて
  • 全業種(生産・加工、建築、建築サービス、物流、IT)、または
  • 関連する既存のシステム

その結果、現在の市場では入手できない幾何学的データとプロセス情報の結合が可能になりました。

このような統合されたインテリジェントな情報に基づいてのみ、すべての職業、すべての建設段階におけるプロセスを最適化することができます。バリューチェーンのエンド・ツー・エンドのデジタル化と、建築物のライフサイクル全体にわたる継続的な改善プロセスは、以下の建設段階とそれらの基礎となるデータを統合することで可能になるはずです。

  1. 考慮すべきマテリアルフローやプロセスに基づいたプランニング/アーキテクチャー(プロセスはデジタル的に統合され、最適化)。
  2. リサイクル可能な素材の流れをビジネスインテリジェンスやIoTシステムに統合(生産工程との組み合わせ)
  3. リサイクル原料の流れの監視と、得られたデータに基づくすべてのプロセスの恒久的な最適化

そのためには、幾何学的データとプロセス情報の統合を可能にするデジタルバーチャルツインの自動作成システム(統合仮想化システム)のプロトタイプを開発する必要があります。

プロジェクト内で開発されるイノベーション:

  1. ニュートラルコンテナのデータフォーマット
  2. 統合仮想化システム(デジタルツイン)
  3. Webベースのビューア
  4. 中小企業のニーズに合わせた関連サービス

Wibu-Systemsの貢献

Wibu-Systems社は、サブプロジェクト「Industrie4.0 concepts in hardware production」の一環として計画されたシステムのユーザーであり、以下のようにDigiFab4KMUプロジェクトに参加しています。

  • インダストリー4.0の基準を満たす未開発の新しいプロセスの開発。ここにWibu-Systemsの革新性があります。
    • Wibu-Systemsの新しい生産施設の最適な計画と建設は、統合的な仮想化システムの使用により、インダストリー4.0の目的に沿って製造インフラを調整
    • CodeMeter(コードメーター)コンポーネントなどの製品の製造プロセスを、建物の計画段階の初期から、様々なデータや情報を利用して計画し、デジタルで最適化してITSに統合

さらに、Wibu-Systemsは革新的なサービスモデルの開発に携わり、これまでのWibu-Systemsのポートフォリオにはない新たな方向性を示します(アプリケーションと使用されるデータの保護を確保しながら、中小企業向けに説明されたITSを提供する)。

Project code: ZF4105905MS9
Project code: ZF4105905MS9