To top
Resources Resources

VECTOR – ドイツ – オートモーティブ

電気自動車の充電、安全とセキュリティのコンセプト、Advanced Driver-Assistance Systems(ADAS)、および自動運転車は、モビリティの未来に革命をもたらしています。CodeMeterを統合してSAPに接続すると、ライセンスを作成後すぐに配信できます。

CodeMeterのライセンス機能により、モビリティの未来へのアクセスを容易に

CodeMeter、SAP、およびカスタムソリューションを完全に統合

課題

@Vector Informatik GmbHエレクトロモビリティ、安全性とセキュリティ、ADAS、自律運転、AUTOSARアダプティブなど、明日のモビリティ向けのソフトウェアソリューションの大手グローバルプロバイダーとして、ベクター社は毎年数千のライセンスを提供しています。著作権侵害からテクノロジーを保護することは、ベクター社がVector Network Interfaces(VNIs)とWibu-Systemsのハードウェアコンテナーソフトウェアコンテナーを組み合わせたライセンスで挑む課題です。このシステムを製品販売プロセスに統合し、そのライセンスの発行を合理化するためには、無駄のない標準化されたソリューションが求められ、社内の販売プロセスに直接組み込まれています。

解決

2018年半ば、ベクター社は、使いやすさのためにSmartBind®でターゲットデバイスにバインドされたCmActLicenseを結合する包括的なシステムにCodeMeterを、より厳格なセキュリティとモビリティのニーズを備えたソフトウェアにCmDongleを採用しました。重要な機能は、Vectorの固有のVNIに保存され、バインドされたCmActLicensesの使用法です。

ライセンスの作成、配布、および管理のためのシステムの中心はCodeMeter License Centralであり、Wibu-SystemsのパートナーでSAPのCoEであるInformatics社(オーストリア)によってベクター社のSAPシステムと完全に統合されています。Wibu-SystemsとInformatics社は、SAPとCodeMeterの統合に関する長年の経験を結集して、共有プロジェクトに取り組んでいます。

結果

CodeMeterを統合することで、ベクター社はCodeMeter License Centralの使いやすいダッシュボードからライセンスを一元管理できるため、より効率的なサポートと販売プロセスを実現できます。ライセンスおよびエンタイトルメント管理システムはSAPと接続されているため、製品を購入するとすぐにライセンスを作成して配布できます。ユーザーはベクター社のソフトウェアにアクセスしてアクティベーションし、すぐに使うことができます。

Peter Decker
プロダクトマネージャー、ベクター社

「Wibu-SystemsおよびInformaticsとのコラボレーションで、私たちが必要としているSAPとCodeMeterのノウハウを備えた新たなチームと協力していることがすぐにわかりました。彼らがもたらした経験により、私たちは非常に具体的な要件に対する効果的かつ即時の解決策を見つけることができました。」

ベクター社について

S1988年以来、ベクター社は、電子システムの開発と、Controller Area Networks(CAN)からAutomotive Ethernetまでの様々なシステムとのネットワーク用のソフトウェアツールと組み込みコンポーネントの分野で世界のリーディングプロバイダーとして認知されています。ベクター社のソリューションと製品は、自動車、航空宇宙、輸送、コントロールエンジニアリングセクターにおけるモビリティの未来への道を開き、比類のない使いやすさでエンジニアが非常に複雑な作業を行えるようにします。ベクターはドイツのシュトゥットガルトに本社を置き、26のグローバル拠点で2800人の従業員が働いています。

異なる環境が混在する市場に対する統合されたライセンスシステム

@Vector Informatik GmbH世界中の高速道路や裏道は混雑しており、世界の人口が増加し、移動が活発になるにつれて、さらに混雑するようになっています。この交通量の増加による複雑さと物理的および環境的影響に対処しようと努力する中で、世界中の自動車メーカー、自動車サプライヤー、および研究者は、人々がより低コストで、より効率的で安全なモビリティにアクセスできるようにする新しい方法を模索しています。現代のすべての車には、すでに運転支援システムのバッテリーが装備されています。信頼できるデータ管理の装備として、通常のカメラからレーダーやライダーシステムに至るまで、多くの異なるソースから情報が供給され、異なるネットワークプロトコルを介してそのデータを処理および共有します。Automotive Ethernetは、通常の固定ネットワークで利用されている優れた帯城幅を提供しますが、これは多くのプロトコルの1つにすぎません。エンジンや駆動系は、FlexRay、CAN、CAN FDなどの堅牢なプロトコルによって管理され、空調システムのような比較的重要でないアプリケーションは、LINのようなよりシンプルなシステムが適しています。

この幅広く多様なエコシステムを制御するコントローラーは、標準化されたソフトウェアアーキテクチャ(AUTOSARなど)を使用して、さまざまなサービスを提供します。サービスの一例として挙げられるものは車載診断またはネットワーク管理、およびサービス中心のSOME/IPなどのミドルウェアです。この分野で使用される多くの複雑なアーキテクチャとプロトコルは、自動車産業で多くの関係者が使用するすべての考えられる要件と開発パラダイムをカバーするために、同様に幅広い用途のツールを必要とします。ベクター社は、より効率的なコントローラー用のソフトウェアツールと組み込みソフトウェアを開発しこの分野を主導しています。これにより、個々の関数の開発から組み込みシステムへのソフトウェアの統合、および個々のデバイスまたは完全なシステムのテストと分析まで、総合的なR&Dアプローチでコネクテッドカーへの移行をサポートすることができます。

@Vector Informatik GmbH多くの特定のユースケースに対応するこのような非常に複雑なソリューションを開発して販売するには、ベクター社のユニークな機能を収益化するために使用されるライセンスシステムが、ダイナミックで多用途である必要があります。またこれは、Wibu-Systems とCodeMeterのライセンシング、保護、およびセキュリティプラットフォームにとって良い挑戦でもあります。これにより、ベクター製品のユーザーは、丈夫で使いやすいドングルでも、ベクター社の自社ソリューションであるVector Network Interface(VNI)のソフトウェアコンテナーでも、特定のニーズに対して最適なライセンスコンテナーを選択できます。例えば、開発タスクフォースなどでのライセンスへの簡単なアクセス提供します。CodeMeterを中心に構築され、ベクター社の確立されたセールス組織にシームレスに統合されたライセンスシステム全体により、顧客はこれまでになく容易に新製品のライセンス購入や、ベクター社の有名なシミュレーションおよびテストツールCANoeに別のネットワークプロトコルのサポートを追加するなど、追加機能用のライセンス追加が可能になりました。

Wibu-Systemsのフラグシップテクノロジーを活用することで、ベクター社は貴重なIPの保護だけでなく新製品や新機能、さらに使いやすさを備えた顧客向けサービスのレベルアップのために最適なツールを備えています。