To top
Resources Resources

Categories: Others

CodeLock – 南アフリカ – ファイル暗号化

Encrypter Pro – リモートワーク作業中の機密ファイルを保護。ドキュメントが管理下に無い場合のセキュリティの確保。

課題

リモートで、またはサードパーティのクライアントと作業している多くの個人や組織は、コンピュータやメールサーバーに制御の及ばないファイルを保護することについて当然のことながら気にしています。サードパーティ自体が侵害された場合、機密文書が悪用される可能性があります。一般的に十分に保護されておらず、企業のITインフラストラクチャが提供する通常の保護手段の範囲を超えていることが多いホームシステムで作業する従業員が増えるという最近の傾向が、この問題を悪化させています。このシナリオでは、貴重なドキュメントが傍受される可能性が高くなってしまいます。

解決

一般的な解決策の1つは、圧縮ツールを使用してパスワードで保護されたZIPファイルを作成することです。これは、単一のパスワードのみに依存し、メールサーバーのパスワードをすでに取得している「スマート」泥棒が簡単にアクセスできてしまいます。Encrypterは、Wibu-Systemsの業界最先端のテクノロジーを使用してこの問題を解決し、堅牢でありながら使いやすいソリューションを提供して、ユーザーの貴重なドキュメントを暗号化して保護します。ドキュメントまたはZIPファイルをソフトウェアにドラッグし、パスワードを追加して保護するだけです。 正しいパスワードと正しいWibu-Systemsの安全なコンテナ(CmCloudCmActLicense、またはCmDongle)の両方を持っている受信者のみがドキュメントを復号できます。ソリューションは複数のレベルで保護されています。

結果

Encrypterは 、サードパーティのサーバーを経由して移動する可能性のあるファイルを保護するための高速かつ簡単な方法を提供します。実行可能コードは、Wibu-SystemsのAxProtectorによってリバースエンジニアリングから保護されています。コード内の特定の主要な関数は、IxProtectorを使用して保護されています。Wibu-Systemsが提供する高セキュリティの暗号化技術を使用して、送信前にペイロードを完全に暗号化します。

Ken Metcalf
最高技術責任者(CTO)

世界中のクライアントとリモートでやり取りする場合、機密情報の保護は、ロジスティクス上および管理上の悪夢になります。クライアントのメールサーバーが、危険にさらされる可能性があるという懸念が常にあります。Encrypterを使用することで、私たちのチームは構成ファイルをクライアントと安全かつセキュアに共有し、現場にいなくてもクライアントのサーバーに製品スイートをセットアップできます。さらにEncrypterは、保護をソフトウェアテンプレートおよびクライアントの機器構成(IPアドレス、ポート、データ接続文字列のパスワードなど)まで拡張します。内部的には、Encrypterにより、電子メールまたはチャットプラットフォームを介して送信した場合に、IP機密文書の犯罪的傍受を恐れることなく、チームがリモートで作業することが可能になりました。」

CodeLockについて

CodeLock and Licensing Systems(Pty)Ltdは、機密性の高いデジタル情報を保護するというシンプルな目標で2017年に設立された情報セキュリティテクノロジー企業です。それ以来、CodeLockは進化して、ハイエンドのデータ暗号化と一流のデジタル資産保護のスペシャリストとなりました。CodeLockは、CodeMeterのライセンス技術で最先端のセキュリティライセンス管理を提供してきたWibu-Systemsと提携しています。Wibu-SystemsのテクノロジーのディストリビューターであるCodeLockは、ソフトウェア保護、暗号化、およびサイバーセキュリティの分野における多様で進化する顧客の要求を満たすために、幅広いセキュリティおよびライセンス製品に幅広い価格オプションを提供します。

最先端の保護機能と使いやすさとの組み合わせで、重要なドキュメントを保護

大企業においてハッキングおよびユーザーデータが侵害されているという報告が多数あるように、サイバーセキュリティは長年重要とされていいます。これらの侵害は被害者に恐怖を植え付け、機密データが犯罪者にさらされていないことを望んできました。さらに、量子コンピューティングの将来的な開発により、攻撃者は企業のごく小さなのセキュリティの亀裂さえも数分で発見し、機密データを入手できる技術力を手に入れることができるようになっています。

データの暗号化が大企業や政府、および軍事ユーザーのみの選択肢であった時代は終わりました。小規模な組織はサプライチェーンを十分に上回っており、不注意な個人は、不正アクセスが壊滅的な結果を引き起こす可能性がある大規模なシステムへのゲートウェイとして、犯罪者の標的にされることがよくあります。データの暗号化はある意味で複雑であるという認識がありますが、この事実から逃れることはできません。

Encrypterの背景は、新型コロナウイルスの大流行のずっと前から始まっていたのです。それは、起業家が旅行し、商用メールプロバイダーを使用していた彼女の会計士に財務諸表を送ることについての彼女の懸念を認めることから始まりました。 個人が共通のパスワードをよく使用するため、当然彼女は恐怖を感じていました。大規模なデータ侵害では多くの場合、パスワードのリストが攻撃者の手に残り、それを使用して不注意なユーザーのメールアカウントへのアクセスが可能になります。その結果、「内密に」送信された文書はすぐに犯罪者が利用できるようになってしまいます。

つまり、誰もが何らかの方法でファイルを暗号化する必要があるのです。Encrypterは、使いやすいアプリケーションで即座にその機能を提供します。さらに、Windowsベースの暗号化ソフトウェアパッケージは、Wibu-Systemsのデバイスバインド(CmActLicense)またはドングルバインド(CmDongle)ライセンスで保護されているため、ユーザーのデバイスとは無関係に暗号化キーを保存できます。CodeMeterドングルを使用すると、暗号化キーをオフラインで保存して、セキュリティを強化できます。または、クラウドライセンス(CmCloud)を使用して、暗号化キーをバインドし、クラウドに保存することができます。物理ライセンスは必要ありません。これらのライセンスにより、Encrypterソフトウェアが保護され、許可されたユーザーのみがアクセスできるようになります。

Encrypterの使い方は簡単です。ファイルを任意のファイル形式(ZIP、DOC、XLS、PDF、JPEGなど)でドラッグアンドドロップし、パスワードを入力すると、ファイルが暗号化されます。復号プロセスは、同様にシンプルなプロセスに従います。ユーザーは、パスワードや財務情報などの情報を安全に送信するために、プレーンテキストを暗号化することもできます。CodeLockは、Encrypterアプリケーションで暗号化される可能性のあるデータにはアクセスできません。復号キーは非常に安全で、ユーザーまたはその許可された受信者のみがアクセスできます。Encrypterには、イタリア語版とドイツ語版もあります。

暗号化されたファイルは、ユーザーのローカルコンピュータ、USBメモリスティックやリムーバブルメディアなどの外部ドライブに安全に保存できます。また、クラウドストレージに保存することもできます。さらに、これらの暗号化されたファイルは、任意の電子メールクライアントを介してクライアントおよび顧客に送信でき、機密データのセキュリティと機密性を最大限に高めます。暗号化されたファイルを受信すると、受信者はEncrypterを使用して、二重認証とランダムに生成されたパスワードを使用してファイルを復号する必要があります。

暗号化機能は、組み込みのSHA-256ビットまたはMD5ハッシュを使用して、ソースファイルの改ざんが行われていないことを確認します。追加の利点として、Encrypter Proにはさまざまなツールが用意されており、複雑なパスワードやバーコードを作成して安全な組み込みデータベースに保存するツールなどの追加機能を提供します。Encrypter Proには、画像内暗号化(ステガノグラフィー)を使用する機能も備わっています。最後に、Encrypterのスキンとフォーマットは、ユーザーのスタイル設定(ダークモードなど)に合わせて変更できます。

ファイルの暗号化は、長くて面倒な作業である必要はありません。 Encrypterは、データ侵害から保護するための使いやすい高セキュリティツールを提供します。