To top
Resources Resources
CodeMeter Artiminds

Categories: Automation

ArtiMinds – ドイツ – ロボティクス

課題

ArtiMinds ロボットプログラミング スイートは、産業用ロボットをプログラミングするための最先端のソフトウェアソリューションです。すべてのArtiMinds製品の高度な革新において、それらの知的財産(IP資産)保護は、常に開発プロセス全体で重要な考慮事項でした。ユーザーシートやロボットにバインドされたライセンスなどのさまざまな要素に基づいてライセンスモジュールを管理する機能は、ArtiMindsにとってさらなる課題となっています。

解決

Wibu-SystemsのCodeMeterは、ArtiMindの開発課題に最適です。CodeMeter dongleによって、ユーザーシートに基づいてソフトウェアライセンスを簡単に管理および導入が可能となります。これらのハードウェアセキュアエレメントに組み込まれた隠しストレージにより、ArtiMindsはロボットIDを登録し、プログラムする既知のロボット数に基づいてライセンスを保存できます。さらに、CodeMeter AxProtectorは、ArtiMindsにソフトウェアソリューションを安全に暗号化し、知的財産の盗難を防止するための別の最先端ツールを提供します。

結果

Wibu-Systemsのテクノロジーの実装により、ArtiMindsは知的財産の潜在的な損失を心配することなく、ビジネスモデルを市場に投入することができます。そうすることで、Wibu-Systemsは自動化の世界を再形成している、非常に革新的なテクノロジーを実現するものとなりました。ArtiMindsは、Wibu-Systemsのようなパートナーとそのビジョンを追求しています。それは、我々労働者が有害で面倒な仕事をする必要のない、自動化された労働環境の確立です。

Dr. Sven Schmidt-Rohr,
CEO ArtiMinds Robotics GmbH

「CodeMeterは、当社の産業用ロボットソフトウェアスイートに包括的なセキュリティプラットフォームを提供します。ベンダーとしての自社IPの保護とライセンシング機能だけでなく、お客様が当社のソフトウェアスイートの上に構築した自動化プロセスのIPを保護できる暗号化フレームワークも提供します。これにより、ユーザーはあらゆる種類の脅威から生産技術のノウハウを保護しながら、同じノウハウを生産技術に対して柔軟に適用することができます。CodeMeterは、多くの導入オプションを備えており、接続の有無にかかわらず、製造現場のソフトウェアをサポートしています。その360°の一連のセキュリティ機能により、CodeMeterをソフトウェアスイートの唯一の商用サードパーティ要素として含めることができました。」

ArtiMinds社について

ArtimindsArtiMinds Roboticsは、ロボットによる自動化のワークフローを標準化するソフトウェアの開発と販売を専門としています。柔軟なセンサーベースの自動化ソリューションのパイオニアとして、ArtiMindsは、プロセスノウハウの容易な取得、採用、改良を目指しており、顧客の機敏性と主体性を高めています。ドイツのカールスルーエに70人以上の従業員を擁する完全に独立したテクノロジー企業で、世界中のクライアントにサービスを提供しています。

ロボット業界のワンランク上のステップ

産業用ロボットは、1970年代にロボット化の最初の波が製造現場に到達して以来、あらゆる場所で工場や生産現場の至る所に導入されています。各時代ごとに、テクノロジーが精度・汎用性・効率の新たな高みへと進化してきました。このようなロボット技術の最初の特許が付与されてから半世紀後、産業界は別の世代交代を経験しています。製造業におけるモノのインターネット(IIoT)とスマートファクトリーの必然的な到来は、最先端のソフトウェアソリューションを保護して商品化する必要のあるロボット機能のもう1つの大きな変化です。

ArtiMinds Robot Programming Suite(RPS)は、オンラインプログラミングとオフラインプログラミングを独自の直感的な方法で組み合わせて、ソースコードを1行も書かずに複雑なロボットプログラムを作成します。このソフトウェアは柔軟性があり、普遍的に適用可能で、堅牢なソリューションを提供し、さまざまなアプリケーションに転送が可能です。

ArtiMinds RPSは、革新的なテンプレートベースのプログラミングコンセプトにi依拠しています。ユーザーは、ドラッグアンドドロップでプログラム構造を構築するために、60以上の統合テンプレートから選択することができます。直感的なウィザードがセットアッププロセスをガイドします。ロボットプログラムの主要な動きは、実際のロボットアームのガイドによってオンラインで、または3Dシミュレーション環境でオフラインで教えられます。最後に、ソフトウェアはすべてのモーションを自動的に計算し、3D視覚化でその実行をシミュレーションします。その後、ArtiMinds RPSは、ネイティブロボット言語でソースコードを生成し、それをロボットコントローラーに転送します。

拡張モジュールArtiMinds RPS + ForceとArtiMinds RPS + Visionは、6Dフォース/トルクセンサーと2Dまたは3Dビジョンシステムをロボットプログラムに実装するための強力なテンプレートを提供します。これにより、ロボットは視覚または触覚センサーのデータに基づいて動きを適応させ、人間の労働者が行うのと同じように、感覚や視覚に依存してプロセスや部品の変動を処理することができます。

価値創造の重要な要素は、テンプレートシーケンスを複雑なロボット固有のソースコードに変換することです。この知的財産を保護するために、ArtiMindsはWibu-Systemsの CmDongleと AxProtectorの組み合わせに依存しています。これは、著作権侵害、リバースエンジニアリング、および改ざんからデジタル資産を保護するために設計されたハードウェアツールとソフトウェアツールの組み合わせです。

USBスティック、セキュアメモリカード、ASICなどのWibu-Systemsが提供する非常に多様なハードウェアセキュアエレメントの中で、ArtiMindsは、ロボットユースケースとしてCmStick/C Basicを選択しました。それは、-25℃~+85℃の環境温度に耐えられる最もコンパクトなUSBバリアントです。

ドングルと連携して動作するWibu-Systemsの主要な保護要素は、AxProtectorです。これは、.NET環境とJavaだけでなく、ネイティブ言語の実行可能ファイルとライブラリを完全に暗号化します。ビルド後のプロセスを通じて、コンパイルされたコードに最善のアンチデバッグおよびアンチ逆アセンブリメソッドを挿入します。そのエンジンは常にセキュリティの脅威を警戒しており、危険が検出されるとすぐにソフトウェアの実行を中断します。

さらに、Wibu-Systems CmDongleに固有の統合ツールにより、簡単で包括的なライセンスとエンタイトルメント管理が可能になります。ArtiMindsは、組み込みのユニットカウンターやメンテナンス期間カウンターなどを使用して、自動ソフトウェア更新を有効な期限付き更新ライセンスに制限します。CmDongleの隠しデータ機能は、顧客やサードパーティによる操作や誤操作から保護されており、ロボットにバインドされたライセンスのロボットIDを登録するための非常に貴重なリソースです。

Wibu-Systemsがもたらしたライセンスおよびセキュリティ機能により、ArtiMindsは独自のロボットプログラミングコンピテンシーを展開および収益化するのに最適な位置にあり、世界中の製造業者およびロボットオペレーターが次の産業時代の約束を活用できるよう支援しています。